最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

春の嵐の雲見【2014年3月30日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 24ブイ → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 島裏 → ブイ
天気 雨
風向 南風強風
流れ 下り潮
波・うねり 風波はほとんどない、うねり有り
気温 17℃
水温 14℃〜15℃
透明度:4m〜5m
透視度:4m〜5m

今日は朝から雨。風も強く荒れた天気でした。もう昨日の時点で大きく崩れる予報だったので、雲見でのダイビングはあきらめていました。ところが、風向きが西ではなく南向きだったせいか、案外、波がない!午前中限定でオープンとのことだったので、大急ぎで潜ってきました。
2ダイブ牛着岩ver.9.0天気が悪くて暗い上に、春濁りとうねりの濁りも加わって、洞窟の中はナイトダイビングのようでした!
今日のゲストは雲見が大好きなご夫婦。雲見だけで200本も潜っています。そのおふたりが今日は今までで一番見えなかったかも、と言っていたのでその暗さが分かろうというものです。
でも全員がライトを持っているのでお互いが分からなくなる、ということはありませんでしたし、こんなに暗くてナイトダイビングのような雲見は初めてだから、それはそれで楽しい!と。つわものです。(⌒^⌒)b
そしてこんな時でも小さな生き物探しには何の影響もありません。今日も色々見てきました〜。
まずこちらはハナショウジョウウミウシ。最近の定番です。
DSCF8546ハナショウジョウ昨日はいたニューフェイスの黄色いカイカムリ、今日は見つかりませんでした。
きっと付近にはいると思うのですが・・・。
そしてこれもニューカマー。たて穴の入口付近にいました。ヘリシロイロウミウシです。
DSCF5752ヘリシロイロこちらはヒロウミウシ。最近あちこちでよく見かけますね〜。個体数が多いようです。
DSCF8572ヒロウミウシコガネマツカサウミウシです。その下の白っぽいものはウミウシの卵ですね。でもこの個体が産んだ訳じゃないと思います。大きすぎますからね。
DSCF5757コガネマツカサワライボヤマツカサウミウシ(仮の名前)です。
DSCF5762ワライボヤマツカサゲストがみつけました!ツルガチゴミノウミウシですね。
DSCF8601ツルガチゴミノクロヘリアメフラシです。小さなお目々がばっちり撮れていますね。それから背中にある丸いものは貝殻の痕跡です。普段はヒダヒダに隠れて見えないのですが、うまく膜が開いた瞬間をとらえました。
DSCF8611クロヘリアメフラシクエヒラメといった大きめの魚も見ましたが、写真は撮れませんでした。
やっぱりウミウシはあまり動かないので撮りやすいですね。定番のサラサウミウシ
DSCF8581サラサウミウシこのミスガイにも小さな目があります。分かりますか??
DSCF8616ミスガイ午前10時半にはダイビング終了。さっと撤収です。今これを書いている家の外では、もの凄い強風が吹き荒れています(午後3時頃)。庭の草木が心配だなぁ・・・。( ̄Д ̄;)
写真提供はYumikoさんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 4月5日(土)6日(日)、お休みいただきます。m(_ _)m

■ 今年もモルディブに夢を見に!アイダイブ的モルディブクルーズ 2014の詳細です!

■ 4月1日より当店のダイビングフィーを価格改定いたします。ご理解のほどよろしくお願いします。

■ ドライスーツの初回レンタル料無料!初めての方も丁寧にレクチャーするので大丈夫。ぜひチャレンジしてくださいね。

■ 2014年5月は宮古島へ!ダイナミックな地形と野外音楽イベント「ミュージックコンベンション」を楽しむ、一粒で二度美味しい欲張りな計画です!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP