最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

初・国内ダイビングは雲見で!【2013年10月4日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 小牛の洞窟 → ブルーコーナー
2ダイブ目:大根
3ダイブ目:黒崎
天気 晴れ
風向 ほぼ無風
流れ 上り潮あり
波・うねり ほとんどなし
気温 21℃
水温 24℃
透明度:13m〜14m
透視度:8m〜10m

今日はリピーターのお客様が2名様と海外でOWを取って以来、という方がおひとりでした。
まずはベテランチームと牛着岩でダイビング。

1ダイブ牛着岩ver.9.0

最初に目指したのは、ウミウシが少ない今年の雲見には貴重なレア物ウミウシ・トルンナ・プルプロペディス

DSCF1690トルンナ・プルプロペディス

その後小牛の洞窟に入って遊びました。これはヒメセミエビ。たくさんいます。

DSCF1691ヒメセミエビ

それからコウイカの仲間。地面に見事に同化していますね。

DSCF1692コウイカの仲間

小牛の洞窟の出口には、たくさんの魚が群れていました。

DSCF1702小牛の洞窟

ここからH型のトンネルを通って小空間へ。ここの魚群もなかなかです。

DSCF4485小空間

秘密の抜け穴 → 水路下の洞窟三角穴と地形巡り。

DSCF1710水路下の洞窟

クレバス、そしてまたH型のトンネルへ。

DSCF4488Hの穴

最後はブルーコーナーで安全停止。止まっている間にもスジタテガミカエルウオや。

DSCF1720スジタテガミカエルウオ

サンゴイソギンチャクにいるミツボシクロスズメダイの写真を撮る事が出来ます。

DSCF1727ミツボシクロスズメダイ

初・国内ダイビングのゲストは、まず大根で基本のスキルをおさらいです。だんだん慣れてきたところで、大根にひとつだけある小さなアーチをくぐったりして、地形巡りの予行練習。あ、中にミナミハコフグの幼魚がいました。

DSCF4489大根のナンパコ

2本目はみんな揃って黒崎へ。エントリーして最初に入る洞窟では・・・。

DSCF1742黒崎の洞窟

今まではいなかった大量のキンメモドキ

DSCF4490黒崎の洞窟

ここでたっぷりと魚の群れを楽しみました。

穴を出たところではハナタツアカシマシラヒゲエビ、そしてミチヨミノウミウシも2匹ほど。

DSCF1754ミチヨミノウミウシ

またしばらく泳いでいくと、今日2匹目の発見!ミナミハコフグの幼魚です。初・国内のゲスト、ついてますね。(⌒^⌒)b

DSCF1768ナンパコ

そして黒崎のトンネルへ。あーやっぱり・・・。今までこの穴の中を埋め尽くしていたキンメモドキの群れは一斉に大移動してしまったようです。最初に入った黒崎の洞窟にキンメモドキが群れているのを見た時、何だかそんな予感がしました。

キンメモドキはそのほとんどがいなくなりましたが、ネンブツダイクロホシイシモチは相変わらずたっぷり群れています。

DSCF4495黒崎のトンネル

はい、今日も楽しく潜り終わりました。いつだって雲見の海は面白いです。(⌒^⌒)b
本日の写真提供はMisahoさん、Taiheiさんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

10月10日、お休み頂きます。m(_ _)m

■ 2013年11月、モルディブクルーズへ再び! ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP