最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

砂地・洞窟・中層を楽しむ雲見【2022年8月6日】

朝のうちは曇っていましたが、だんだんと日も差して来ました。
海はべた凪。なんの制限も受けない潜りやすい雲見でした。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)小牛前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島前 → ブルーコーナー
天気 曇り時々晴れ
風向 ほとんどなし
流れ 下り潮少々
波・うねり なし
最高気温 30℃
水温 21℃〜27℃
透視度 → :7m〜8m
透明度 ↓ :10m〜15m

昨日から引き続きの、ベテランダイバーとマンツーマンです。
海はさらに透明度よくなったし、冷たいところも減りました。
よかった。😄

1本目は小牛の前でエントリー。
ささーっとアイドルたちを巡礼してきました。

まずは中サイズのオオモンカエルアンコウ。

そして小サイズ。たぶん体長は3cm以下です。
大サイズは見当たりませんでした。😓

ニシキフウライウオのオスは・・・。
なんで、そんなわかりにくい、写真撮りにくいとこにいるの!

あ、擬態か。😅

砂地で遊んだ後、少し移動して。

オオウミウマは・・・。
なんでそんな下の方の、カメラを入れられないようなところにいるの!
お陰で真横からのばっちり写真、撮れないじゃん!😅

小牛の洞窟へ。

お腹ぱんぱんのベニカエルアンコウ。

口いっぱいにタマゴを頬張って、絶賛イクメン中のサクラテンジクダイ。

イセエビ。
地面には脱皮あとの殻が散乱してました。
こんなに脱皮したなら、ソフトシェルのイセエビがいっぱいいるはず・・・。😋

中層には、キビナゴが。

お、捕食者登場!
カンパチですね。

数が増えた!😳

ブルーコーナーで、まったりと安全停止。
1本目は砂地から洞窟、そして中層とテイストの違うダイビングをぎゅぎゅっとまとめてやってきました。
これも、雲見ならでは。😄

2本目は水路下の洞窟からスタート。

ニヨリセンテンイロウミウシが、交接の体勢だけど。
既に産み付けられたタマゴらしきものも、見えています。

透明度は、一時期に比べたらだいぶ回復しました。
よかったー。😄

台風が少ないせいで、ソフトコーラルは元気もりもり。
(大きな台風が来ると、ソフトコーラルは根本からもぎ取られてしまいます。😣)

マダコ!

おおー!
1本目とは比べ物にならないほどの大群!
サイズは小さいけど、こんなにたくさんのカンパチ、久しぶりに見ました〜!

動画も撮ってみましたよ。

ランチはホリラボへ。
私はころころポークカツのグリーンカレーをいただきました。
満腹!

じゅんこさん、二日間お疲れ様でした!😄


《お知らせ》

アイダイブオリジナルのTシャツやパーカーが買えるオンラインショップのリンクです。
よかったら、お暇な時に見てみてくださいね。

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP