最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

雲見で、今年初トビエイ!【2022年4月30日】

富士山が見えていました!
今日の海はうねりがありましたね〜。
でも、終日オープンでしたよ。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)小牛の裏角 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24ブイ → グンカン
天気 晴れ
風向 東寄り
流れ ごくゆるい下り潮
波・うねり うねり中程度
気温 20℃
水温 18℃
透視度 → :8m〜10m
透明度 ↓ :12m〜14m

昨日から引き続き、ウエットスーツで全然平気なお二人です!😄

うねりがあるので、水路は自粛。
ただ、ちょっと深く入ると気にはなりませんでした。
島裏でエントリーすると、まず出迎えてくれたのはテングダイ。

見上げると、イワシの群れ。
昨日より、すこーし透明度良くなったようです。

狭い穴を通るのが、雲見流。😅

今日もいました、シロタエイロウミウシ。

わー、魚いっぱい!
ん!奥にでっかい魚が!

クエでした。😄

別チームが向こうから来ましたが、魚のカーテンで遮られてよく見えません。

水路下の洞窟の突き当たり。
ここまで来ると、うねりを強く感じましたね。

あれ?
こんなところに、こんなでっかいマダライロウミウシが。

2本目!
うねりを避けて、中層をふわふわするコースへ!

イワシやイサキの群れを見ながら、ゆっくりと流されていきます。
ほとんどフィンキックせず浮いているだけで、ふわーと流されていく程よい潮かげん。

モロコ根あたりまで来た時に、ついにゲットしました!
今年、初トビエイ!
別のガイドさんは別の場所で見た、と言っていたので、これから増えてくるでしょうね。

楽勝でグンカンまで到着しちゃったので、後半は生き物探し。
ゲストが興味を示した生き物を、顕微鏡モードで接写してみました。
これはキサンゴの一種。

これはアヤニシキというコノハノリ科の海藻の一種。

これはサンゴイソギンチャク。
別名をおっぱ・・・🤐

ニホンアワサンゴ。
日本固有種です。

ウスアカイソギンチャクには、アヤトリカクレエビ。

ソフトコーラルの一種。

ナンヨウイボヤギの隙間には、ベニサンゴガニ。

潜り終わって波止場に戻ると、大勢のダイバーで賑わっていました。
この時間に到着して潜り始めるチームも、結構いるんですね。
我々はさくっと撤収して、ランチを食べにホリラボへ。
私は今日は、グリーンカレーをチョイスしました!

お疲れ様でした!😆


《お知らせ》

伊豆漁協さんが始めたクラウドファウンディングです!
目的は「雲見のダイバー用施設の修繕費用を賄う」です!

私も微力ながら支援させていただきました〜。
快適なダイビングのため、ダイバーの皆様にもぜひご協力いただけると嬉しいです!


アイダイブではオリジナルのTシャツやパーカーが買えるオンラインショップをオープンいたしました。
よかったら、お暇な時に見てみてくださいね。

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP