最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

普段行かない雲見【2020年9月15日】

穏やかな海況が継続しています。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)小牛の前角 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24ブイ → 大牛の洞窟
天気 晴れ
風向 ほとんどなし
流れ ほとんどなし
波・うねり なし
気温 28℃
水温 26℃〜29℃
透視度 → :12m〜14m
透明度 ↓ :17m〜18m

ベテランのリピーターゲストと、マンツーマンダイブです。
普段は行かないような魚礁やアウトサイドと言った場所で潜ってきました。

最初に見つけた被写体は、シロオビコダマウサギ。
ウミウサギ貝の仲間です。

これもウミウサギ貝の仲間。
アヤメケボリ。

ミチヨミノウミウシ。

魚礁周辺には、キラキラッと今年生まれた幼魚たち。

小牛の横の砂地です。
透明度がいいので、泳いでいてとっても気持ちいいです!

砂地の定番。
ダテハゼとニシキテッポウエビの共生。

顔だけ出しているホタテツノハゼ。
体長はたぶん1mくらいあるはずです。

シマウミスズメの幼魚。

トサカガザミ。
小指の爪半分ほどの、小さなカニです。

フリエリイボウミウシ。

でかっ!
キッカミノウミウシ。

キタマクラとのツーショットで、その大きさが分かるでしょうか??

ウミウサギ貝シリーズ。
コボレバケボリです。

これまた小さい!
米粒ほどのアオウミウシ。

26アーチには、テングダイ。

カゴカキダイの群れも。

26アーチからトンガリ、平根と普段行かない場所をふわふわと移動。
最後は大牛の洞窟で、生き物探しする作戦です。

大牛の洞窟では、オオモンカエルアンコウを見ました。
台風によるクローズ前からいた個体だと思います。
生き残ったのはこの人だけかー。😮

最後はベニワモンヤドカリ。

最近、水中でゴミを見かけたら必ず拾うようにしています。
もちろん今日も拾ってきましたよ。

お昼はいつものお店へ。
不定期で内容が変わる「気まぐれ賄いうどん」。

今日は焼きうどんでした。
大きなお肉やいかの切り身がゴロゴロ入っていてボリューミー。
もちろん、お味もグッ!👍

本日の写真提供はともこさんです。
お疲れさまでした〜。


《お知らせ》

9月18日金曜日、9月23日水曜日、10月6日火曜日、お休みいただきます!

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP