最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

のんびりマンツーマンの雲見【2020年8月10日】

ようやく風がやんで、海も穏やかになりました。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24ブイ → ブルーコーナー
2ダイブ目:三競(さんきょう)
天気 晴れ
風向 ほとんどなし
流れ ほとんどなし
波・うねり 浅場に弱いうねり
気温 33℃
水温 20℃〜28℃
透視度 → :6m〜7m
透明度 ↓ :8m〜10m

今日もカメラを練習したいお客様と、マンツーで潜ってきましたー。

まずは体表がキレイとは言えないベニカエルアンコウ。

今日もエスカ(額にある疑似餌のこと)をぶんぶん振っていました。
間違いなく、お腹へってますね。😅

エスカから口までの距離、近っ!
こりゃあ、うっかり近づいてきた魚はひと呑みにされちゃうわけです。

ヘリシロイロウミウシ。
ウミウシは出来るだけ正面から撮るようにしましょうね〜

と、言いつつ、あえて真横から撮ってみました。
外套膜がめくれて、ぱんぱんのお腹が見えています。

元の画像の向きを修正。
そして少しだけトリミング。
見違えるようにステキな写真になりました。

あら?
アイドルのちびカエル。
場所を移りましたね〜。
いなくならないで欲しいなぁ

そして、今日新たに発見のカエルアンコウの仲間。
最初はベニカエルかと思いましたが。
額に、ベニカエルに特徴的な角が見当たりません。
背ビレがギザギザしているように見えるので、ザ・カエルアンコウ!?

シロタエイロウミウシ。

たて穴を上がってくるゲスト。

ブルーコーナーで安全停止です。

2本目も被写体を求めて。
イガグリウミウシです。

ミツイラメリウミウシ。

シロタスキウミウシは、餌のカイメンをもりもり食べている様子がよく分かります。

これはスポンジウミウシ。
ゲストに紹介しましたが、ウミウシと認識出来ず、写真を撮ってもらえなかった不憫な人です。😅

クラサキウミウシが3匹固まって、押しくらまんじゅう!

最後はキリンミノです。

昨日に比べると、透明度は回復傾向。
うねりも収まって、潜りやすい海況でしたよ〜

ランチはがっつりと、お肉いっときました!

本日の写真提供はみつはるさんです。
ありがとうございました!


《お知らせ》

8月12日水曜日、お休みいただきます!

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP