最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

水温アップ透明度も良好な雲見【2017年1月26日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 24ブイ → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 島裏  →  大牛の洞窟
天気 晴れ
風向 ほぼ無風
流れ 下り潮
波・うねり 浅場にごく小さいうねり
気温 10℃
水温 18℃
透視度:14m〜15m
透明度:18m〜20m
穏やかに凪いだ海です。雲見に向かう途中、海から上がる湯気を発見。これ「けあらし」という現象ですね。
これは気温と水温の温度差が産み出すんでしょうね。ってことは、水温高いのかな?
デジイチカメラを持ったゲストとマンツーマンダイブです。
エントリーすると水温は18℃くらいありました。それも水面だけでなく、水底まで。
透明度もよかったですよ〜。水深20m付近から水面が見えていました。
ソラスズメダイってこんなに鮮やかな色をしているんですね。
クマノミの若魚も水温が上がったのでちょっと元気になったかな?
アカハタの横顔。いかついなぁ。
アライソコケギンポはぐぐっと身を前に乗り出していました。
イボイソバナガニです。手前の顔にピントが合って、奥の方はぼけていますね。かっこいい写真です。
サラサエビは目が格子模様です。
カイカムリです。目がばっちりですね。
これはミチヨミノウミウシですね。
大きいのと色がどぎついのであまり人気のないニシキウミウシ
ちっさ!セトイロウミウシです。
そしてそして。今日の大発見はコンガスリウミウシ。久しぶりに見かけます。
ただ、手前の褐藻に顔が半分隠れてしまったのが残念でした。
見上げればキビナゴはきらきらだし、ネンブツダイキンメモドキはたくさん群れているしでワイドも楽しいです。
でもそれに背を向けて、小さな生き物をひたすら黙々と探してきました。これがまた、面白いんですね。
珍しい生き物やきれいな生き物を見つけると宝探しのようで嬉しいです。ダイバーの少ないこの時期ならではの潜り方ですね。(⌒^⌒)b
本日の写真提供はじゅんさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

今年の「アイダイブ的モルディブクルーズ2017」は 2017年11月18日(土)〜25日(土)の予定です!

雲見の地形が好きなら一度は見ておきたい宮古島!今年も行きますよ!詳しくはこちらをご覧下さい。

■ 今年こそ水中でクジラを見たい!2017アイダイブ的久米島のお知らせです。

■ アイダイブの非常勤ガイド・カナコのブログです!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? 当店に併設されたアロマトリートメントのお店「リフレクカオカオ」のご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP