最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

まるで湖のような雲見【2014年6月3日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 島裏 → 大牛の洞窟
天気 晴れ
風向 ほとんど無風
流れ ほとんどなし
波・うねり なし
気温 22℃
水温 18℃
透明度:6m〜7m
透視度:6m〜7m

今日も朝は霧がかかっていました。海はご覧のようにぺたりと凪いでいます。
2ダイブ牛着岩ver.9.0そしてマンツーマンガイドでのんびり生き物探ししてきました。
昨日一昨日と同じ場所にいてくれたセトミノウミウシ。今日は影も形もありませんでした。こういう時、まったく焦りますよね。でもその代わりにジンガサヒトエガイをみつけました。しかも大小のペアです。
DSCF7069ジンガサヒトエガイ奇妙なカニ発見!たぶんノコギリガニの脱皮したての状態ですね。
DSCF7071ノコギリガニ脱皮したて牛着岩のあちこちで見かけるオセロウミウシ(仮称)。これはペアになっていました。
DSCF7474オセロペアタカラガイの仲間のホシキヌタです。つるんとした殻の質感がよく出ていますね。
DSCF7479ホシキヌタアラリウミウシです。小さくて撮りにくい場所にいました。
DSCF7075アラリこれはウミウシとしては大きいサイズのサガミリュウグウウミウシ。ちょっと怪獣っぽいです。
DSCF7495サガミリュウグウよく見かけるけど小さくて目立たない為スルーされがちなウスイロウミウシ
DSCF7496ウスイロコトヒメウミウシが追いかけっこ?!写っていませんが、もう1個体いて3個体が縦隊を作っていました。
DSCF7082コトヒメコケムシの上にちょこんと乗っているフジエラミノウミウシ
DSCF7087フジエラミノ穴の外に出ると、群れ。何種類もの魚が層をなして集まっています。
DSCF7092魚影2本目はボブサンウミウシからスタート。一昨日新たにみつかった個体ですが、大きいです。ただ、片方の触角が欠落していますね。
DSCF7525ボブサンそのすぐ下にはハナショウジョウウミウシのペアがいました。
DSCF7528ハナショウジョウたて穴前にもこんな魚群が。
DSCF7541群れかなり長いこと同じ場所にいるヘリシロイロウミウシ
DSCF7536ヘリシロイロそしてハナタツ。なかなかカメラ目線をくれません。
DSCF7120ハナタツムラサキウミコチョウもだんだん数が増えているような気がします。
DSCF7123ムラサキウミコチョウこれはたぶんアカエラミノウミウシの若い個体です。
DSCF7124アカエラミノちょっと色の薄いヒロウミウシ
DSCF7126ヒロウミウシこれも小さかった!たぶんガーベラミノウミウシだと思います。
DSCF7127ガーベラミノこれは大牛の洞窟にいるカナメイロウミウシ。でも海冒主の真野さんが小牛の洞窟にもいると教えてくれました。
DSCF7558カナメイロ何回も撮り直したけど結局うまく写せなかったハナイロウミウシ。だってめり込んでるんだもん。
DSCF7133ハナイロおや。これ、行方不明になったのと同じセトミノウミウシですね。場所も大きさも違いますが。
DSCF7135セトミノ最後はセロガタケボリ。ウミウサギガイの仲間です。網目模様が特徴的ですね。
DSCF7139セロガタ本日の写真提供はKawazoeさん。ありがとうございました。

【アイダイブからのお知らせ】

■ 今年もモルディブに夢を見に!アイダイブ的モルディブクルーズ 2014の詳細です!

■ 雲見の海底清掃、今年は6月25日水曜日の予定です!

■ 4月1日より当店のダイビングフィーを価格改定させていただきました。ご理解のほどよろしくお願いします。

■ ドライスーツの初回レンタル料無料!初めての方も丁寧にレクチャーするので大丈夫。ぜひチャレンジしてくださいね。

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP