最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

田子でピカチュウの交接!【2013年12月28日】

ポイント名 田子
1ダイブ目:白崎1番のブイ
2ダイブ目:白崎1番→2番のブイ
天気 晴れ
風向 西風びゅーびゅー
流れ なし
波・うねり 風波あり
気温 12℃
水温 16℃〜17℃
透明度:7m~8m
透視度:5m~6m

冬型の気圧配置ってヤツは、西風が強くなります。西風が強くなると海が荒れて雲見がクローズになります。そんな時は大きな湾があって西風に強い田子で潜ります。今日はリピーターゲストと田子でマンツーマンダイブでした。
最初の写真、コウライトラギスが毅然とした態度で撮影に臨んでいますね。
IMG_8955トラギス田子といえば、やっぱりこれ。今日もメインの被写体はウデフリツノザヤウミウシ通称ピカチュウでした。
IMG_8950ピカチュウ単体今日は全部で6個体見ることが出来ました。
ただ、今までとちょっと違っていたのは、まず交接中の個体をみつけたことです。
IMG_8934ピカチュウの交接ウミウシの仲間は一部の例外を除き「雌雄同体」しかも「同時的雌雄同体」といって、成熟した個体にはオスとメスの両方の機能が同時的に備わっています。なのでウミウシに関してはオスとメスの区別はありません。
上の写真で分かるとおり、交接器官は体の右側にあります。普段は小さな穴のようなもので、写真に撮ってもそこに交接器官があるとはまず分かりません。

下の写真をご覧下さい。これは1週間ほど前にHiranoさんが撮った写真です。右の触角の後ろ、体の側面に小さな穴のようなものがあるのが分かります。これが普段の状態の交接器官です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAあらためて、交接中の個体を別の角度から見てみましょう。
DSCF6157別角度からの交接体の横にびろーんと広がったものが出っ張っています。そしてそれをくっつけあっていますね。ウミウシはこの状態でお互いに精子を交換し、お互いが受精し、産卵します。実に無駄のない仕組みですね。
仮にウミウシがほ乳類と同じようにオスとメスの区別があったとしたら。広い海底でやっと同種に出会ったと思ったら相手が自分と同じ性別で子孫を残せない、なんて事もあるわけです。
今日はさらにすごいシーンをゲストがカメラに収めていました。これは交接が終わって互いが離れる瞬間ですね。
IMG_8942ピカチュウ交接終わった瞬間上の写真をよく見て下さい。上側のピカチュウの交接器官から、何か三角形のものが飛び出ているように見えます。これはたぶん相手の体内に精子を送り込む為のペニスの役割を果たすものと思われます。これを見ることが出来るのはすごく稀なことのようです。
その証拠というか根拠はというと、次の本に書いてあったからです。平野義明という人が書いた「ウミウシ学―海の宝石、その謎を探る」から、該当部分を引用します。
「種によっては、奇妙なかたちのペニスをもっているものもあって、体内から躍り出てきたペニスを見てあっと驚くこともある。しかし、ウミウシ類は互いにぴったり体をすり寄せて交接するので、伸展したペニスの先までを私たちに見せてくれることは稀である」
まさに、その稀なシーンに出逢えたということですね!素晴らしい。(⌒^⌒)b

このあと、交接の終わった個体はゆっくりと離れていきます。下側のピカチュウには、今、事が終わったばかりの交接器官が収納されきれずに出ています。
IMG_8945ピカチュウの交接器官はあぁ、面白い。これだからダイビングはやめられません。(⌒^⌒)b
交接の次は、体長1cmあるかないかのおちびちゃんを発見しました。内臓が透けて見えちゃってますね。
IMG_8956小さいピカチュウピカチュウの他にも例えば体長2cm弱のコモンウミウシや。
IMG_8979小さいコモン体長5cmくらいあったハナミドリガイなど見ることが出来ました。
IMG_8999ハナミドリガイこの他にもシロイバラウミウシ、コトヒメウミウシ、ヒロウミウシ、イガグリウミウシ、アオウミウシなんかもいましたね。
ウミウシ以外の被写体も。これはオオアカヒトデの管足のアップ。
IMG_8917オオアカヒトデの足2本目の最後はお約束のエダサンゴの群生地へ。
DSCF6179エダサンゴアケボノチョウチョウウオの幼魚、まだ頑張っていました。
IMG_9019アケボノチョウいや〜今日も面白かったな。さて、明日は雲見か田子か。
いずれにしろ面白いダイビング、しちゃいます!(*^^*)
本日の写真提供はMuramatsuさん。ありがとうございました。

【アイダイブからのお知らせ】

■ 来年1月6日から9日の4日間、帰省する為お休みいただきます。m(_ _)m

■ 年末年始はいつもと変わらず通常営業!ドライスーツのレンタルは初回無料です。ぜひチャレンジを!

■ アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動! お好きな色とサイズで注文できます!第3期募集は12月まで!

■ 2014年2月、久米島でホエールウオッチングとダイビング!大物もマクロも地形もなんでもありの久米島、夜はもちろん、美味しい沖縄料理に舌鼓!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP