最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

どしゃぶりのち晴れ間も見えた雲見【2013年9月8日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 湾内
3ダイブ目:黒崎
4ダイブ目:牛着岩 はまゆのブイ → ブルーコーナー
天気 どしゃ降り → 曇り
風向 西より
流れ ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 28℃
水温 24℃〜28℃
透明度:15m〜16m
透視度:12m〜13m

今朝はどしゃ降りと雷の幕開けでした。どうなることかと思いましたが、海は穏やかで無事、雲見オープン。川から流れ込んだ濁流で一部透明度が悪くなった部分もありましたが、概ね良好な状態を保っていました。

そして今日も先発隊はベテランさん、後発隊は初心者さんのチーム分け。
まずは先発の1本目、行ってみましょう!

3ダイブ牛着岩ver.9.0

穏やかな海況なので島裏からエントリー。水路を逆に通るちょいとマニアックなコース取り。
雲見リピーターゲストも、水中でどこにいるか分からなくなったみたいで、ガイドとしてはちょっと嬉しいんですよね。(*^^*)

DSC09399水路下の洞窟

雲見・牛着岩の地形は上がったり下がったりくぐったり。忙しいです。でもこんな立体的なダイビングサイトは他にないと思います。初・雲見のゲストも冒険気分が味わえるとご満悦の様子。

DSC09421Hの穴

穴の出口から外を見上げると。

DSC09422穴から見上げる

垂直の壁の中腹にいるハナタツを見ているところ。写真を撮るのは至難の業。f ^ ^ *)

DSC09426壁の中腹

いつものブルーコーナーでは安全停止中もキンギョハナダイイサキキビナゴの群れなどを見ることが出来て飽きません。またつかまっている目の前の岩には、小さな穴から顔を出すこんなやつも。

IMG_1227コケギンポ

後発隊は牛着岩の湾内で、潜りました。それほど起伏のない穏やかな場所です。
ここではトラウツボゴンズイの群れ、ニシキテッポウエビと共生しているダテハゼ、そして同じ穴に居候しているハナハゼなど見ることが出来ました。
ベテランチーム、2本目は黒崎へ。

DSC09454黒崎の洞窟

今日は珍しくアカシマシラヒゲエビが前に出て、イソカサゴをクリーニングしていました。いつもは穴の奥にいて、白いヒゲしか見えないことも多いんですけど。

DSC09465シラヒゲエビクリーニング中

相変わらずキンメモドキの群れはすごいです。特に最近は今年ふ化したと思われるネンブツダイなどの幼魚も加わり、尋常じゃない数の魚がいます。

DSC09501キンメモドキ

後発隊の2本目はいよいよ穴巡りへ。

DSC09524Hの穴

たて穴の中のベニカエルアンコウは今日もいてくれました。これは先発隊も後発隊も見ることが出来ましたね。

IMG_1254ベニカエル

安全停止はもちろんブルーコーナーで。これはマツバギンポです。

IMG_1235マツバギンポ

初・雲見の初心者チームの皆さんも、雲見の地形はすごい、と言っていました。今日のように波やうねり、流れさえなければ1本目の穏やかな場所での練習を兼ねたダイビング後という条件付きですが、牛着岩の地形巡りデビュー出来ちゃいます。それが雲見のいいところですね。

本日の写真提供はKanaさん、Jiroさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 9月27日、お休み頂きます。

■ アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動! お好きな色とサイズで注文できます!第2期募集は9月まで!

■ 2013年11月、モルディブクルーズへ再び! ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP