最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

たまにはアウトサイドを泳いでみる雲見【2013年6月10日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 水深26mのアーチ → グンカン
2ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
天気 曇り
風向 北東
流れ 下り潮少々
波・うねり ほとんどなし
気温 21℃
水温 19℃〜20℃
透明度:14m〜15m
透視度:8m〜10m

今日は雲見の超・ベテランゲスト2名様でした。お二人はたぶん雲見だけで何百本も潜られています。でもこうして潜りに来てくださるんですから、それだけ面白いところだってことですよね。(⌒^⌒)b

2dive牛着岩ver.8.1

 

なのでコースもちょっといつもと違うパターン。特に1本目は大牛の沖側・水深26mのアーチでエントリー、モロコ根から平根飛び根と経由してグンカンで上がるコース。いわゆる雲見・牛着岩のアウトサイドを縦断する感じです。

エントリーした水深26mのアーチ周辺でまずはネコザメ探し。でも不発でした〜。

モロコ根の周りにはトビエイが3枚、のんびりと泳いでいました。でもちょっと離れているので写真をクリアに撮るのは無理でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

大きな平根の上では、小さなアラリウミウシを。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

グンカンでは以前から噂のあったペアのハナタツを首尾よく発見!ただ少し離れていたので、2匹一緒に撮ることは出来ませんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それから久し振りに見つけたイソコンペイトウガニ。大きいです。甲幅2cmくらいありました。ただ擬態がすごいのでどこにいるのか分かりづらいですね〜。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それからトサカガザミも見つけたのですが、小さすぎて写真はムリでした。f ^ ^ *)

 

2本目は島前から。普段は出口専用の三角穴。でも今日はベテランのリピーター様なので、あえてここから入ってみました。

水路下の洞窟で少しだけ生き物探し。これは和名のないウミウシでニシキリュウグウウミウシ属の一種・英名はオレンジ・タンジャです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水路下の洞窟の様子。幻想的です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはキャラメルウミウシのペアです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この他、シロタエイロウミウシサガミリュウグウウミウシ、極小のモンガラキセワタなどを見つけました!

H型のトンネル周辺では相変わらず、キンメモドキがたくさん群れています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

抱卵中のオルトマンワラエビも健在でした。そしてふと足下に目をやると・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大きなヒラメです。きっとキンメモドキを狙っているんでしょうね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オラウータンクラブもしっかりイソギンチャクの中にいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはフジイロウミウシのペア。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後、ブルーコーナーで安全停止中にみつけたマツバギンポ。顔のディテールまでよく撮れています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平日でほとんど貸切の雲見。じっくり50分×2ダイブ。次から次に穴をくぐり、生き物を見つけ。50分が短く感じる内容の濃い2ダイブ。贅沢な1日でした。

写真提供はYasukoさん、Shigeoさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動! お好きな色とサイズで注文できます!

■ 2013年11月、モルディブクルーズへ再び! ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP