最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

郷愁の雲見【2018年9月7日】

雲見、先週の日曜以来となりました。
少し風波がありますが、問題のない海況です。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島一周

2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)小さい穴巡り
3ダイブ目:大根(おおね)と赤井浜(あかいはま)
天気 曇り時々雨時々晴れ
風向 ほとんどなし
流れ ほとんどなし
波・うねり 風波ありだが制限無し
気温 29℃
水温 26℃〜28℃
透視度:7〜10m
透明度:8〜12m

今日はお一人様とマンツーマンダイブ。
なので全てリクエストベースのダイビング内容でした。
1本目は、牛着岩全体を一周するコース。
来ましたね〜。最近、そういうの無かったなぁ。
こっそりフィンをスーパーミューからワープに履き替えて、いざ出発です。

出発地の島前でエントリーしたら、いきなりのカンパチ!
そっかー、このキビナゴを狙っているんですね。
島の周りをぐるりと泳ぐ途中、一ヶ所だけ通った穴はHの穴!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 9月18日火曜日、お休みいただきます!

伊豆半島500円引きWEBクーポン協力店
まずは上のバナーをクリック!↑↑↑
このクーポンはおひとり様1回に限りご利用可能です!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そして、2本目は普段行かないような小さな穴を回りたい、とのことでした。
ここでフィンをいつものスーパーミューに戻して、と。
ワープフィンは、穴巡りするには長すぎますからね。
まずは、小牛の洞窟へ。
そして、小牛洞窟前の穴。
クエ穴。
24アーチ。
ここは小さくないけど、でもこの魚群を無視して通り過ぎるわけにはいかないですし。
ふりむいても。
秘密の抜け穴を通り抜けて。
水路下の洞窟から、特別室へ。
文字通り、今日のような特別の時にしか行かない、行き止まりの小さな穴です。
その突き当たりには、逃げ場を失ったクエが。
台風で飛んできた岩で塞がってしまい、通れなくなった三角穴の下にはイセエビ仰山!
さて。3本目は赤井浜リクエストです。
ここは浅くて穏やかな所。
体験や講習、初ファンダイビングの時によく使いますが、牛着岩を一周できちゃうほどのダイバーには馴染みがないところです。
どうしてか聞いてみると。
子供の頃、この赤井浜で海水浴をした思い出があるそうです。
なーるほど。では、行ってみましょう!

でっかいマダコ。
シャッターを押す直前に、雲隠れ(墨隠れ?)してしまいました。
ごく浅いので、ちょっと顔を出して赤井浜を眺めます。
その昔、ゲストがご両親と遊んだであろう小さなビーチです。
ここは講習ポイントと呼ばれている砂地。
水深は4mほど。
実は私、この砂地でOW講習を受けました。
生まれて初めて自分で潜降した場所です。
まあ、その時はお尻から着底して手にはガンガゼが3本ほど刺さりましたが。
私にとっても、感慨深い場所なのでした。
赤井浜ビーチから崖沿いに行った先にある、間口の広い大きな洞窟へ。
突き当たりの水深は2mほど。
ここでも顔を出して、水面の様子を撮りました。
この洞窟に入るの、実に20年ぶりです。f ^ ^ *)
子供の頃、海水浴に来たゲストが泊まったという宿。
今は無人で、廃墟と化しています。
時の流れを感じずにはいられませんね〜。
浜の家食堂がお休みだったので、お弁当もお休みでした。
仕方なく、3本潜った後に井むらへ。お腹ぺこぺこです。
今日の週替わり定食は「シーフード焼きカレー」でした。

お疲れさまでした!(*^^*)


伊豆半島500円引きWEBクーポン協力店
伊豆半島500円引きWEBクーポン協力店

このクーポンはおひとり様1回に限りご利用可能です!


 

アイダイブのご予約はこちらから!

【アイダイブからのお知らせ】

9月18日火曜日、お休みいただきます!

「麺屋井むら」さんが食材を用意してくれるBBQ出来ます!詳しくはこちらから!

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP