最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

荒れる前にささっと雲見で【2017年12月16日】

朝の時点でかなり風が吹いていました。
こりゃ、午前中にささっと潜ってしまわないとですね。
まあいつも通りですけど。f ^ ^ *)

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 24ブイ → 島前
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 24ブイ → 島前
天気 晴れ
風向 西よりの風どんどん強く
流れ ゆるい下り潮
波・うねり 浅い所に極小のうねり、風波徐々に強く
気温 12℃
水温 18℃
透視度:14m〜15m
透明度:15m〜16m
今日はゲストがいなかったので、はまゆでアルバイトをしている大学生達と潜ってきました。
最初は、これ。シロイバラウミウシです。
クランク周辺の魚影は見事。
クランクのマダライロウミウシは1個体しかいませんでした。
ミチヨミノウミウシです。
クランクでコリンズの佑君に教えてもらったアカネコモンウミウシを探したのですが、みつからず。
あきらめて、小牛の洞窟前に移動。
まずはコールマンウミウシ。
これは先週MHAの関根えみちゃんが見つけたフジナミウミウシ。
何故か今、このウミウシの名前を思い出そうとして「アボカド」しか出てこなかった。
なんでだろ? f ^ ^ *)
コミドリリュウグウウミウシ。
上のフジナミといい、これといいごま粒サイズです。(T_T)
これは手頃な大きさ。そしてきれい!
ヒュプセロドーリス・クラカトア。
他のガイドさんの目印がしてあったので、付近を捜索すると。
なんと。ナンヨウウミウシのペアでした。
久しぶりに見かけます!
目印を付けたのはクリオネのうっつーかな?あざーす!(*^^*)
揺れるヒドロ虫の上にいたサキシマミノウミウシ。
キビナゴがキラキラ!
水路の壁でたくさん見つかるハクテンミノウミウシ。
サイズはぐっと大きいけど、これもそうですね。
わー、これ名前がないヤツ。
えーと、コトヒメウミウシ属の一種4です。f ^ ^ *)


【アイダイブ2018年のあれこれ】

アイダイブ的久米島2018の日程は:2018年2月23日(金)〜 26日(月)

むらいさちさんのフォト講座・日程は:2018年4月14日(土)〜 15日(日)

アイダイブ的モルディブクルーズ2018の日程は:2018年11月17日(土)〜 24日(土)


2本目は24アーチから。
一応クダゴンベと。
ニシキフウライウオを確認して。
アカホシカクレエビは定番の生き物ながら、お気に入りです。
あ。もう時期的に姿を消したと思っていたカゲロウカクレエビ。
まだいました〜。
体がクリスマスイルミネーションみたいで、きれいです。
素早く通り過ぎていったカンパチ。
カメラのモード切替が間に合いません。f ^ ^ *)
Hの穴からクランクにかけての魚影、いつにも増して迫力がありました。
そしてようやく見つけました。
佑君に教えてもらったアカネコモンウミウシです。
合間合間に群れ。(⌒^⌒)b
水路下の洞窟のマダライロウミウシ。
これも極小サイズでした。
小さすぎてよく分かりませんが、ハナビラミノウミウシ辺りが近いと思います。
最後はヒメサンゴガニを見ながら安全停止。
明日は西風が吹いて、雲見を潜るのは難しそう。
でも週明けの平日は、しばらく穏やかな海況が続きそうです。
お疲れさまでした〜。(*^^*)

 

アイダイブのご予約はこちらから!

【アイダイブからのお知らせ】

むらいさちさんのフォト講座・開催決定!2018年4月14日(土)15日(日)です!

アイダイブが予定する2018年のあれこれ!イベントやツアーが盛り沢山です!「アイダイブ的2018の予定!」

アイダイブ的久米島2018は来年2月23日から26日の3泊4日!詳しくはこちらをクリック!

「麺屋井むら」さんが食材を用意してくれるBBQ出来ます!詳しくはこちらから!

■ アイダイブの非常勤ガイド・カナコのブログです!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP