最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

小さな生き物の世界@雲見【2017年3月30日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 24ブイ → 島前
3ダイブ目:三競(さんきょう)
天気 晴れ一
風向 北東
流れ ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 15℃
水温 15〜16℃
透視度:8m〜10m
透明度:9m〜10m
今日はデジイチのカメラをお持ちの方と、去年8月以来で潜りに来てくれた方と潜ってきました!
今日はデジイチのゲストが切り取った繊細で美しい生き物の写真を中心にお届けします!
まずはコケギンポのアップ!
ダイバーの泡にまみれたアラリウミウシ
サクラミノウミウシの触角に縦線が入っているって知ってました??
アオウミウシの触角はネジネジ。これで同種の別個体が出した匂いを検知しています。
ひらりと身を翻す瞬間のソラスズメダイ
暗がりをのぞき込めば大抵そこにいるサラサエビ
極小のコトヒメウミウシ
大きさは米粒とほとんど変わりません。 ハナタツはカメラ目線くれないですね〜。おかしな表情していますね〜。小指大の大きさの顔。でもよく見ると歯が並んでいます。
クランクキンメモドキ、増量中です。
目の前にいるダイバーも。
ちょっと油断するとすぐに見えなくなってしまいます。
なんだか久しぶりに見るテングダイ
小指の爪大のオセロウミウシ(仮称)
1匹だとかわいい!
でも何故か集団だとキモチワルクなります。f ^ ^ *)
クロモウミウシはシオグサ類という細い緑藻の根本にいました。
シロウミウシの触角もネジネジ。うまくお相手見つかるかな?
鮮やかな色彩が目を惹くヒメギンポ
これは小指の爪ほどの大きさのウェルコニア・ワリアンス。薄い膜の下に潜り込んじゃってますね。
私の人差し指が差しているのは白いウミウシ。小さすぎて種類まではちょっと。
これまた小さいカニの幼体。
大きくなったらどんな姿になるのでしょうか??
センヒメウミウシです。思わず食べちゃいたいくらいかわいいですね。
最後はオキナワベニハゼ。ライトの光を当てると隠れてしまいます。
一旦隠れたのを、ほかの場所で時間つぶしてから再度来て撮りました。シャイなんです。
でも美しいオレンジ色に銀ラメのウロコ模様が入っていてシャレオツです。
今日はたっぷりと繊細な生き物の美しさを堪能させていただきました。
本日の写真提供はじゅんさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

今年のゴールデンウィーク。少しずつ予約入り始めましたが、まだどこも空きがありますよ!!

今年の「アイダイブ的モルディブクルーズ2017」は 2017年11月18日(土)〜25日(土)の予定です!

雲見の地形が好きなら一度は見ておきたい宮古島!今年も行きますよ!詳しくはこちらをご覧下さい。

■ アイダイブの非常勤ガイド・カナコのブログです!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? 当店に併設されたアロマトリートメントのお店「リフレクカオカオ」のご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP