最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

うねり始めた雲見【2015年6月27日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:大根
3ダイブ目:牛着岩 島裏 → 大牛の洞窟
4ダイブ目:大根
天気 曇り
風向 東のち西風
流れ なし
波・うねり うねり徐々に強く
気温 23℃
水温 19〜20℃
透明度:牛着岩・15m〜16m、大根・4m〜7m
透視度:牛着岩・10m〜12m、大根・3m〜6m
今日もベテランのダイバーふたり、講習生ふたりというお客様。ただ、昨日のダイバーが女性だったのに対し今日は男性のふたり組でした。
2ダイブ牛着岩ver.9.0男性のひとりが初・雲見。ということは?
はい、地形巡り、しっかりしてきました。
DSC04406水路下の金子そして今の牛着岩周辺はもの凄く魚影が濃い状態です。
DSCF0059キンメモドキDSCF0062キンメモドキ合間にトンネルをくぐって。
DSCF0068_24アーチブルーコーナーでの安全停止。突然、イワシの群れに囲まれました!
360度の視界を覆う銀鱗の壁。それに高速で突っ込むヒラマサらしき影も。
DSCF0071イワシ2本目は海洋実習の3本目。大根に行きましたが、昨日と違ってかなりうねりが入っていました。
そのせいか沈殿物が舞い上がって透明度も落ちてしまいましたね。
でも今回の講習生おふたりは落ちついたものです。うねりに身を任せながら、中性浮力取れていました。もちろんまだぎこちない所はありますが。
ファンダイバーの2本目は、こんな風景からスタート。
DSCF0082魚影2本目は少し生き物も、ということでまずはオオモンカエルアンコウ
DSCF0083オオモンカエルすぐ近くにいたミアミラウミウシ
DSCF0084ミアミラこれはビシャモンエビ
DSC04524ビシャモンエビフジイロウミウシ。私の指示棒は、ふわふわする宿主を押さえています。
DSC01951フジイロ連日観察しているアオウミウシの交接。
DSC01923アオウミウシおっと、トビエイが行き過ぎていきました。
DSCF0089去りゆくトビエイキンメモドキの大群、どーん!
DSCF0086キンメモドキそして、海洋実習の4本目。いよいよファイナルです。
無事にスキルをこなしたあと、アオリイカのタマゴをしげしげと観察。水中の生き物ってほんとに不思議で面白いですね。(⌒^⌒)b
DSCF0091アオリイカのタマゴ時間の経過とともにどんどんとうねりが強くなってきてしまいました。
夕方には風向きが西に変わって強くなりました。明日は荒れる予報ですね。大丈夫でしょうか。
本日の写真提供はケイさんとテツジさんです。ありがとうございました。

【アイダイブからのお知らせ】

■ ジンベエザメ、マンタ、ハンマーヘッドシャークを狙う夢の8日間!
アイダイブ的モルディブクルーズ2015は11月21日から28日です!このリンクをクリックしてチェック!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP