最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

春の風物詩の雲見【2015年3月24日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 小牛の裏 → 島前
2ダイブ目:牛着岩 大牛の洞窟 → 湾内
天気 晴れ
風向 西風
流れ ほとんどなし
波・うねり 風波とうねりともに中くらい
気温 14℃
水温 15℃〜16℃
松崎のソメイヨシノは一昨日辺りから一気に開花。場所によっては三分先くらいの所もあります。
雲見の波止場は冬の間、ビーチの砂が集落へ飛ばないように設置されていた砂防柵が撤去されていました。
雲見の春を告げる行事ですね。いよいよ西風のシーズンも終了。春本番です。
IMG_4375砂防柵撤去ちょうど1ヶ月前くらいに初めてご来店のゲストふたり組が、さっそく潜りに来てくれました。
2ダイブ牛着岩ver.9.0最初はこの人にご挨拶。白いオオモンカエルアンコウ
DSCF8026白オオモンお次はハナタツ
R0014125ハナタツそのそばには、どうしてこんな所にしがみついているの?と聞きたくなるようなアカエラミノウミウシ
折からのうねりでゆ〜らゆら。細い紅藻の上にいるので、どこが頭やらお尻やら?
DSCF8028アカエラミノ昨日より植物プランクトンの濃度が上がった気がします。これも春の風物詩のひとつ。
DSCF8029魚影クエ発見!しかしお尻をこっちに向けてるな・・・。
DSCF8036クエ息を殺し、そーっと回りこんで横からの撮影に成功!
DSCF8037クエはっとするほど美しい紫色はミチヨミノウミウシ
DSCF8038ミチヨミノこちらは白の濃淡だけでデザインされたシロタエイロウミウシ
R0014145シロタエイロキャラメル色のキャラメルウミウシ。うまいネーミングですよね。
R0014147キャラメル浮上間際の浅場では、緑の海藻の上でミスガイがたたずんでいました。
DSCF8039たたずむミスガイ2本目は大牛の洞窟から。ザ・カエルアンコウくん健在です。
DSCF8040ザ・カエルオセロウミウシ(仮称)です。
R0014153オセロこれはウミウサギガイの仲間、ムラクモキヌヅツミです。
R0014168ムラクモキヌヅツミ体長は2cmくらい?サガミイロウミウシの幼体ですね。ローガンズには厳しい被写体です。f ^ ^ *)
R0014172サガミイロさて、この次は定番のちびカエルアンコウ君。オレンジ色でかわいいんだよなぁ・・・。
あれ、いない。あれれ??
うわ、お目当てのちび君は見つかりませんでしたが、久しぶりにグレーのオオモンカエルアンコウを発見です。今までどこにいたの?!
そして、かわいいちびカエル君はいずこへ・・・?
DSCF8042バッファロー出戻り君はお腹が空いているらしく、エスカをぶんぶんと降っていました。
R0014179疑似餌振るこれはサギリオトメウミウシ。触角の先端が黄色かったらそれはカメキオトメウミウシ。雲見では両方見ることが出来ます。
DSCF8043サギリオトメ最後はアカホシカクレエビです。3個体いるうちのいちばん小さいヤツ。
R0014189アカホシカクレエビ昨日よりは波・うねりとも小さかったと思います。波止場は貸切状態で他にはだ〜れもいませんでした。(*^^*)
おかげでお風呂も器材の洗い桶も気兼ねなく使うことが出来ました。今日の写真提供はヨシコさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 初夏の沖縄・宮古島へ!アイダイブ的宮古島2015のお知らせ!

■ 大海原のど真ん中へ!アイダイブ的銭州2015のお知らせ!

■ 今年のアイダイブ的モルクルは2015年11月21日土曜日〜28日土曜日です!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP