最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

意外に混んでいる雲見【2023年1月22日】

先週は正月休みをいただいて実家に帰っていたので、今日は久しぶりのダイビングです。
海は穏やかでほとんどうねりも無く、この時期としては絶好のダイビング日和でした。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)大牛の洞窟 → 大牛裏
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)小牛の裏角 → ブルーコーナー
天気 晴れ
風向 ほとんどなし
流れ ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
最高気温 9℃
水温 17℃
透視度 → :13m〜14m
透明度 ↓ :18m〜20m

今日、波止場はシーズン中みたいに賑わっていてびっくり!😳
当店はウミウシ大好きダイバーとマンツーマンダイブでした。😄
でもウミウシを探す前に、最近見つかったハチジョウタツを確認しに大牛の洞窟へ。

まずはシロクマ君。

そして、すぐにハチジョウタツも見つけることができました。
2個体いましたが、そのうちのじっとしてくれていた方です!😆

ハチジョウタツは去年初めて雲見で見ることができたのですが。
7月を最後にいなくなってしまったので、今日は半年ぶりの再会(?)でした!
まだ、こうして頑張っていてくれたんですね!😊

ここからはひたすらウミウシ探し。
まずはハクセンミノウミウシ属の一種3から。

アオウミウシ。

ミズタマイボウミウシ。

オトメウミウシ。

アオセンミノウミウシ。

ミカドウミウシの幼体!

これは、たぶんアカボシツバメガイと思われます。

サキシマミノウミウシは体が半透明です。

よく似たケラマミノウミウシは体に白い細点があるので区別できます!

オオムギミノウミウシ。
確かに背中の突起が麦っぽいかも!😄

ネアカミノウミウシ。

ゲストが発見!
コンシボリガイ。

綺麗な色合い!
ですが、名前はイボヤギミノウミウシ、とちょっと残念。😩

あれ?背中の突起が無くなっちゃってますね。
でも多分これは、ユビワミノウミウシかな?

あ!近くに背側突起がちゃんとある個体もいました。
比べると触覚の模様とか同じなので、間違い無いですね。
ユビワミノウミウシです。

マツカサウミウシ。

ミスガイ。

ミツイラメリウミウシ。

シロミノウミウシ。

アカメミノウミウシ。
ちょっとピンボケ。(by ロバート・キャパ。すいません、わかる人だけわかってください。😓)

シロウミウシ。

アカボシウミウシ。

フタスジミノウミウシ。
見るの、久しぶり!

サラサウミウシ。

シラユキウミウシ。

ゲストが発見!ハナビラミノウミウシ。
ここでようやく1ダイブ目終了です。
1本目だけで、25種類のウミウシを見ることができました!😆

2本目も場所を変えて、ウミウシ探しです。

ヒロウミウシ。

セトイロウミウシ。

キイロワミノウミウシ。

ミナミコモンウミウシ。

お!珍しい!
ヒメエダウミウシです。

んーこれは?😮
アイリスミノウミウシのようですが、触覚の色が違いますねー。
ユビワミノウミウシの仲間かもしれません。

お初にお目にかかります!😍
キンスジミノウミウシですね!

イナバミノウミウシ。

ヨゾラミドリガイ。

よく似たスイートジェリーミドリガイ。

アカテンミノウミウシ。

キカモヨウウミウシ。

ヒカリニンジンウミウシも久しぶりに見ました!

50分がっつりウミウシ探しすると、お腹が空きますね!
今日は井むらさんで丸大根と金目のあら煮をいただいてきました!

いやー潜っている間中ずっとウミウシがいて、楽しかったですね!
今日の写真提供はゆかりちゃん!
ありがとうございました!


《お知らせ》

「松崎町内宿泊者向けまつざき割り」やってます!
11月1日より今年2月28日まで、当店に宿泊すると1,000円が割り引かれます。
特に申込する必要などありません!期間内に宿泊される方全員に、自動的に適用されます!


アイダイブオリジナルのTシャツやパーカーが買えるオンラインショップのリンクです。
よかったら、お暇な時に見てみてくださいね。

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
PAGE TOP