最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

水温上がった雲見【2022年6月25日】

少し間が空いて、久しぶりのダイビングになってしまいました。
久しぶりだって言うのに、海は若干の波とうねり。
そして先日、大雨警報が出た日に降った雨で、海は濁り気味でした。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)はまゆのブイ → はまゆのブイ
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24ブイ → はまゆのブイ
3ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24ブイ → はまゆのブイ
天気 曇り
風向 ほとんどなし
流れ 下り潮少々 → だんだんゆるく
波・うねり 風波とうねり少々
最高気温 29℃
水温 23℃〜24℃
透視度 → :1m〜8m
透明度 ↓ :1m〜12m

まず1本目は、前泊のお客様とマンツーマン。
波やうねりがあるし、陸から見た感じ透明度も悪そうだったので、無理せずブイで潜降しました。
すると、ツバメウオが出迎えてくれましたよ。

幸いなことに思ったほど濁りもうねりもひどくはなく、いつもの雲見の海を楽しめました。

顔の周りだけ黒い通称「クチグロ」(正式にはイシダイです)
美味しいのかなぁ?大き過ぎて大味になっちゃってるのかなぁ??😅

2本目は、電車で朝到着したゲストも合流して。

うねりはあるものの、水路やHの穴などのトンネルにも問題なく入れました。

お!
前回潜った時より、魚増えてますね!😄

ダイバーのライトが当たると、いい感じです!

うねりがあるので、ウミウシはほとんど見かけませんでした。

別の場所でもキンメモドキが群れていました!

湾内に戻ってくると、がくっと透明度が落ちますね。

3本目は24ブイからスタート。
いきなり、カンパチの群れに遭遇しました!

このあとは、穴巡り。
小牛の洞窟では、抱卵しているっぽいイセエビや。

洞窟内に生息する雲見ならではの魚・アカネテンジクダイ。

ヒメセミエビなどに出会えました〜。

出口の様子です!

触角の輪っかが2本!
ってことは、ニヨリセンテンイロウミウシですね。😄

これはアカネコモンウミウシ。

最後はハコフグの幼魚です。

明日はもう少しうねりや濁り、収まってくれるといいんだけど。
お疲れ様でした!


《お知らせ》

諸経費の値上がりにより、当店も大変申し訳ないのですが7月1日よりガイド代を値上げさせていただきます。
詳しくは下記のリンクをご覧ください。


アイダイブではオリジナルのTシャツやパーカーが買えるオンラインショップをオープンいたしました。
よかったら、お暇な時に見てみてくださいね。

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP