最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

雲見でウミウシざくざく!【2022年1月15日】

4日ぶりの雲見オープンです。
ようやく風が止みました。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島裏 → 小牛前
天気 晴れ
風向 ほぼ無風
流れ ほとんどなし
波・うねり 浅場に弱いうねり
気温 11℃
水温 13℃〜15℃
透視度 → :10m〜12m
透明度 ↓ :12m〜15m

先週は正月休みを取って実家に帰省しました。
なので雲見でのダイビングは12日ぶりとなってしまいました。

せっかく雲見がオープンしたのに、ゲストはいません。
なので明日来るお客様たちのために、生き物情報を仕入れに行ってきました。

アクアティークの糸井さんがマンツーマンで潜りに来ていたので、便乗させてもらいました。
邪魔にならないよう、そっと後からついていきます。😅

着底すると、すぐに見つかるのがハクセンミノウミウシ属の一種3。

ゴシキミノウミウシ。
これ、結構レアものですよね?😅
なんか、フツーにカイメンの上にいました。

シロイバラウミウシ。

1cmくらいの可愛いミスガイ。
今日は3個体見たうちの最初の人。

アオセンミノウミウシ、大発生中。

キャロットシードウミウシ。

アオウミウシ。

レンゲウミウシ、健在。

クラサキウミウシ。

センテンイロウミウシ。

サラサウミウシ。

コリンズのゆー君が教えてくれた極小のマダライロウミウシ。

セスジミノウミウシ。

ヨツスジミノウミウシ科の一種9。
属さえわかっていないんですねー。
中野さん、おなしゃす!😅

シロミノウミウシ。

ヒロウミウシ。

ニシキウミウシの若い個体。
通称フタイロニシキウミウシ。

コナフキウミウシ。

Hの穴で探していたら、別チームのダイバーが通過していきました。
透明度は良好です。

ミレニアムマツカサウミウシ。

シャクジョウミノウミウシ。

アオセンミノウミウシ。

ホシアカリミノウミウシ。

これは?
ちょっと名前が分かりませんでした。

キャロットシードかシャクジョウミノか。
まあ、どっちかです。😅

ニンジンヒカリウミウシの若い個体と思われます。

1本目終了。
水温は西風が続いたせいか下がりましたね。
だいたい14℃前後でした。

でもウミウシがたくさん見つかるので、50分を超えるダイビングでもそれほど寒く感じませんでした。
もちろん、インナーをたくさん着込んでいますけどね。💦

2本目。
あ、こんなとこにいたんだ。
ルージュミノウミウシ。

小さいけどたくさんいたマツカサウミウシ。

セスジミノウミウシ。
色がキレイなので、つい載せたくなります。

普通種と馬鹿にする勿れ。
シロウミウシ。

サラサウミウシ。

イナバミノウミウシ。

ミスガイの正面顔。
サイズが小さいときは外套膜にも透明感があってきれいです。

最後はこの水温でも頑張っていたカスリフサカサゴ。
越冬して〜。

明日も穏やかな海況になりそうですね。
ヘビーリピーターのゲストたちと、ウミウシ探しする予定です!


《お知らせ》

2月7日、お休みいたします。

アイダイブではオリジナルのTシャツやパーカーが買えるオンラインショップをオープンいたしました。
よかったら、お暇な時に見てみてくださいね。

 

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP