最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

いきなり特等席の田子!【2021年8月30日】

今日もべた凪!穏やかな海況でした。
普段なら雲見に行くところですが、今日はあえて田子の外洋で潜ってきました。

1ダイブ目:外洋・太根(ふとね)
2ダイブ目:外洋・田子島(たごじま)
3ダイブ目:内海・白崎1番ブイから2番ブイ
天気 晴れ
風向 西風微風
流れ なし
波・うねり ほとんどなし
気温 34℃
水温 24℃〜28℃
透視度 → :8m〜10m
透明度 ↓ :14m〜15m

本日のゲスト、おととい昨日と雲見で3ダイブずつ合計6本潜っていただきました!
そして西伊豆ダイビング合宿(?)最終日の今日は、あえて田子の外洋へ行くことに。
私自身、久しぶりです。楽しみですね〜。😄

はい、やっぱり太根といえばキンギョハナダイの群れですね〜。
でも今日は流れがほとんどなかったせいか、広範囲に散らばって群れていました。

やっぱり外洋は程よく流れていた方が、魚群もまとまりますね。

ゲストに岩の上で待機していてもらって、キンギョハナダイ越しに一枚。

サクラダイのオス。

こんなダイナミックな地形の中でも目に付くミチヨミノウミウシ。

ゲストが見つけたムラサキウミコチョウ。
偶然ですが、紫のウミウシ繋がり!

外洋のダイナミックな雰囲気を満喫して、1本目無事終了。

2本目はどこに行こうかなーと考えていると。
田子のガイドさゆりちゃんが
「最近田子島はキビナゴが多いし、それにアタックしているカツオも見られますよ」
と教えてくれました。

じゃ、行くしかないでしょう〜とエントリーしてみると。

ほんとだ!😳
いきなりキビナゴの大群に360度囲まれてしまいました!

エントリーした地点からほとんど移動せずに、周囲で繰り広げられるキビナゴの大群と、それを狙う捕食者たちのショーを思う存分楽しむことができました!

この岩の上が特等席でした。
ちなみに水深は10m。
潜水時間を40分と申告したので、時間になって上がりましたが、ここにいようと思えば残圧的にもNDL的にも倍の時間はいることができたと思います!

はい、来た!捕食者たち。
よく見るとカンパチとツムブリの混成軍団でした。

これがカンパチ。

そして、ツムブリ。
へー仲良しなんだー、知らなかった。

2本外洋で潜ったらお腹が空きました!
さかなや食堂さんの五目そばで腹ごしらえ!

3本目はのんびりと湾内で生き物探し。
ゲストは連日の3ダイブ。
三日間で9本潜ったことになります!すごい!😆

ケサガケベラの幼魚。

一見、よくいる普通のネンブツダイの仲間に見えますが。
しっぽの付け根が黄色地に黒点。

これはスダレヤライイシモチでした。

オキナワベニハゼ。

アカホシカクレエビ。

エダサンゴ群生地のソラスズメダイ。

ミスジチョウチョウウオの幼魚。

アケボノチョウチョウウオの幼魚。

トゲチョウチョウウオは成魚もいました。

浮上間際、湾内にもキビナゴが!

はーい三日間のダイビング、無事に終了しましたね。
締めは田子から帰る途中にあるSATOUYAさんのケーキで!

私自身は18日から今日まで13日連続のダイビング。
たくさんのお客様に足を運んでいただきました。
ありがとうございます!

明日はお休みいただきますね。😄


《お知らせ》

三連休の中日・9月19日はご予約がいっぱいになってしまいました。
その前後の18日と20日は空いております!

アイダイブは今月、15周年を迎えました!
これを記念して、オリジナルタオル、作ってみました。
上質の今治タオルを使った、数量限定のタオルです!


静岡県では2回目となる緊急事態宣言が8月20日より発令されました。
当店では特定の都道府県にお住まいのお客様をお断りする事はしておりません。

ですがご予約の際には、過去2週間以内に新型コロナウィルスに感染していないこと。
濃厚接触者となっていないことが、条件となります。
あらかじめ、ご了承くださいませ。

さらにご来店時にも、再度の確認をお願いいたします。

今後も感染対策に気を配りながら、開放的な海でのアクティビティを提供していきたいと思います。

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP