最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

好みが分かれる雲見【2014年8月15日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
3ダイブ目:黒崎
4ダイブ目:牛着岩 大牛の洞窟 → ブルーコーナー
天気 曇り時々晴れ
風向 西より
流れ 下り潮強い
波・うねり ほとんどなし
気温 28℃
水温 20℃〜22℃
透明度:10m〜12m
透視度:7m〜10m
今日もゲストをふたつのチームに分けて交互にガイドする運用でした。先発隊は地形と群れ、後発隊はウミウシなど小さな生き物が好き、とはっきり好みが分かれました。
3ダイブ牛着岩ver.9.0今日は後発隊からいい写真をたくさんもらったので、生き物写真中心にご紹介していきます。
まず最近軽くはまっているヤドカリから。第1触角のオレンジがチャームポイントのクロシマホンヤドカリ
OLYMPUS DIGITAL CAMERAそしてヤマトホンヤドカリ。今日お初にお目にかかりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらはアオヒゲヒラホンヤドカリ。第1触角が青と黄色のツートンカラーになっているのが目印です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらはイシダタミヤドカリ。大型の種類です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAそれからウミウシ。台風でみんな吹っ飛んじゃったと思っていましたけど、こうしてあらためて探してみると、ちょいちょい見つかるものですね。
最初はシラユキウミウシOLYMPUS DIGITAL CAMERAお次はリュウモンイロウミウシ
OLYMPUS DIGITAL CAMERAそしてユビワミノウミウシ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA和名のないノウメア・ワリアンス。学名のラテン語まんま読みです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらは学名さえありません。ミノウミウシ上科の一種11。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAゲストが見つけたセトイロウミウシ
OLYMPUS DIGITAL CAMERAおや、このヒメマダラウミウシは魚にかじられたのでしょうか?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA台風あけのあと初めて見たベニカエルアンコウ
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらはオトヒメエビ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA口内保育中のサクラテンジクダイ
OLYMPUS DIGITAL CAMERAウミウサギガイの仲間・テンロクケボリ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA小さい者同士で肩を寄せ合って暮らしています。左端の青い頭で透明な体の魚はソラスズメダイの幼魚。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAブルーコーナーのキンギョハナダイ、ホントにキレイです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA今日も雲見に通って4回目で初めて黒崎へ行った人がいたり、最近見かけなかった生き物を見つけたり、色々な発見があって楽しい一日でした。
本日の写真提供はYoshifumiさん、Takayoshiさんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 今年もモルディブに夢を見に!アイダイブ的モルディブクルーズ 2014の詳細です!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP