最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

「久米島」同窓会を雲見で【2014年4月19日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 ブイ → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
天気 雨のち曇り
風向 北東より
流れ 下り潮少々
波・うねり 浅場に弱いうねり
気温 12℃〜15℃
水温 16℃
透明度:6m〜8m
透視度:6m〜8m
2ダイブ牛着岩ver.9.0今日は、今年の「アイダイブ的久米島」に参加してくれたゲスト達が雲見で同窓会!久米島に行かなかったお友達も合流してにぎやかかつ和やかに潜ってきました。

その中に今日が初・ドライでかつ初・マイカメラの方もいました。でもなかなか上手な写真を撮っていましたよ。(*^^*)
最初に被写体になったのはヒョウモンダコ。咬まれたら大変なことになる、とはよく聞きますが、咬まれたことがある人の話は聞いたことありません。
DSCF0021ヒョウモンダコハナタツは相変わらずカメラ目線をくれません。
DSCF9395ハナタツ最近の定番ウミウシ、サラサウミウシです。
DSCF9405サラサこれはソフトコーラルに見事擬態しているテンロクケボリ。ウミウサギガイの仲間です。
DSCF9412テンロクケボリおや?まさに獲物をつかまえようとしている瞬間でしょうか?
DSCF9418コウイカゲストが見つけたサクラミノウミウシ。その横にもう1匹別のウミウシがいたことには気がつかなかったそうです。
DSCF9419サクラミノこの時期は顔を黒くした婚姻色バージョンのヒメギンポのほうをよく見かけるのですが・・・。この人は普通の体色ですね。独身貴族?!
DSCF9427ヒメギンポこのウミウシもかわいいので、いい被写体ですね。コモンウミウシ
DSCF9432コモン初カメラのゲストが撮りました。「いったいこれは何なんですか??」
はい、これはアヤニシキという海藻の仲間です。カメラを持つと、正体の分からない生物を調べるのにも重宝しますね。
DSCF0048アヤニシキ最後はフクロノリの上にいた小さな小さなウミウシ。たぶんマツカサウミウシの幼体と思われます。
DSCF9438マツカサ幼体はい、今日も無事潜り終わりました。本日の写真提供はEmiさんとMiiちゃんです。ありがとうございました。

【アイダイブからのお知らせ】

■ 今年もモルディブに夢を見に!アイダイブ的モルディブクルーズ 2014の詳細です!

■ 4月1日より当店のダイビングフィーを価格改定させていただきました。ご理解のほどよろしくお願いします。

■ ドライスーツの初回レンタル料無料!初めての方も丁寧にレクチャーするので大丈夫。ぜひチャレンジしてくださいね。

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP