西伊豆・雲見でのダイビングは魅力溢れるポイントの宝庫です!

アイダイブのホームグラウンド「雲見」について、詳しく紹介いたします!

地形が複雑

雲見を代表するダイビングポイントは何といっても「牛着岩(うしつきいわ)」。ここは最大水深26mと比較的浅い海域に人が通れる穴が大小合わせて20以上もあり、まさに海底の迷宮と呼ぶにふさわしい所です。たぶんこんな所は伊豆半島はもちろん、沖縄や海外まで含めてもそうそうは無いはずです。そんな唯一無二のダイビングエリアを思う存分楽しんでいただきたい。アイダイブのシンプルな思いです。

魚影の濃さ

雲見の魅力は、地形が複雑なだけではありません。そこに生きる生物の多様性と数の多さも群を抜いたものがあります。地形だけでなく、そこに住む様々な生物も一緒に楽しめてしまう。一粒で二度美味しいのが雲見の海の本当の魅力なのかもしれません。

潜りやすさ

さらに。あまり触れられていませんが、実は雲見ってダイバーの為の環境が充実していて潜りやすい事も大きな魅力のひとつなんです。まず波止場に面して雲見漁協が運営するダイバー専用施設「くもみシーサイドハウス」があります。ここはシャワーや更衣室はもちろん、ウエットスーツのまま入れる湯船もあり、ダイバーの快適さをサポート。この施設前で器材を準備したら、タンクをしょってから船に乗るまではほんの数メートル歩くだけです。また船に乗っている時間はメインの牛着岩までほんの2、3分程度。船に弱い人でも酔っている暇がないほどです。
まだあります。アイダイブが利用している現地サービス「雲見ダイビングサービスはまゆ」の船は、船尾に自動昇降装置がついていて、ダイバーはフィンをはいたまま立ってエキジットする事が出来ます。一度潜ると何度でも潜りたくなってくる奥の深さ。これこそが雲見の魅力

雲見ダイビングポイント紹介

ポイントマップ

  1. 牛着岩(ボート所要時間:約2分)
    言わずと知れた雲見を代表するスポット。印象的な大小2つの島はダイバーならずとも心惹かれる風景。
  2. 三競(ボート所要時間:約3分)
    牛着岩」に勝るとも劣らない地形派スポット。最大水深は-12mと浅いが、高低差激しく侮れない場所。
  3. 黒崎(ボート所要時間:約3分)
    ここにも大きな穴が2つある地形派ポイント。牛着岩、三競の影に隠れて穴場的存在。
  4. 赤井浜(ボート所要時間:約2分)
    最大水深-10m。きれいな砂地と「大根」という大きな岩が印象的な穏やかなポイント。
  5. 針石(ビーチエントリー)
    雲見唯一のビーチエントリーポイント。ナイトダイビングもここで開催される。
  6. 沖の根(ボート所要時間:約10分)
    外洋にある大きな隠れ根。時に強く潮があたり、回遊魚が行き交う。上級者ポイント。
  7. タケノコ(ボート所要時間:約10分)
    沖の根と並ぶ外洋ポイント。水深-60m付近から立ち上がる大きな根は迫力十分。上級者ポイント。

*ダイビングに関してのご質問をまとめた「よくある質問」もあわせてご覧ください。

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP