最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

久しぶりの雲見!【2021年12月23日】

今年は西風がしつこいです!
でも今日は穏やか。久しぶりに雲見で潜りました。

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)小牛横 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)大牛の洞窟 → ブルーコーナー
天気 晴れ
風向 ほぼ無風
流れ ほとんどなし
波・うねり 浅場に弱いうねり
気温 14℃
水温 17℃
透視度 → :12m
透明度 ↓ :15m

昨日潜ったささめちゃん(はまゆガイド)が、新しく赤っぽいカエルアンコウと黒っぽいカミソリウオを見つけた、というので一緒にエントリー。ところが赤も黒も既に失踪した後。

しかーし!それで終わらないのがささめちゃん。
なんと砂地でツマジロオコゼを見つけてくれました!😳

カスリフサカサゴとメガネゴンベのツーショット。

体に白い斑点があるので、ハクセンミノウミウシ属の一種3、です。
いっぱい見かけました。

セダカギンポもいてくれましたぁ。

アオウミウシ。

10日ぶりの再会!
レンゲウミウシです。このまま大きくなってね。

餌のカイメンに潜り込んでいるセンテンイロウミウシ。

白いカイメンを食べているサラサウミウシ。

ナンヨウウミウシ。

少し離れてもう1個体!

ルージュミノウミウシは全部で4個体見かけました。
そのうちのひとつ。

Hの穴。
透視度は比較的良好。
お互いに見失う心配は全くありません。

ニシキウミウシの幼体。

クラカトアウミウシ。

クランク出口にいたテングダイ。

さすが雲見。
生物てんこ盛りです。さて最後はブルーコーナーで安全停止。

・・・なんですが、今日はこのブルーコーナーでもたくさんウミウシが見つかって。

まずアオセンミノウミウシに。

小さなミスガイ。

ミツイラメリウミウシ。

最後はコンシボリガイも。
これ、小さくて肉眼ではよくわからなかったのですが、画像を確認すると頭を小さな穴に突っ込んでいる状態のようですね。

いや〜。さすが雲見。
時間がいくらあっても足りません。
ボートには潜水時間50分と申告して潜りましたが、上がってみたら55分が経過していました。
楽しかったです。😄

2本目は大牛の洞窟から。
ちびシロクマは健在。
でも大きい方は行方不明でした。

最短距離を通ってマンボウ待ちの根へ。
以前からいるシロクマくんはいてくれました。

が、後から見つかった小さい方は行方不明でした。

ヒロウミウシ。

コボレバケボリ。

ミチヨミノウミウシ。

小さなキリンミノの幼魚。

これは「日本のウミウシ」図鑑第二版で名前のついたクボミイロウミウシですね。

これはキイロワミノウミウシと思われます。

もう1個体。
これ以外にもたくさん見かけました。

最後はコトヒメウミウシ。

はい、お疲れ様でした〜。
さすがに2本目は45分で浮上しましたが、物足りなく感じるほどでした。
お疲れ様でした!


《お知らせ》

年末年始は休まず、通常通り営業しております。
今年の潜り納め、そして来年の初潜りに是非いらしてください。

来年1月7日から10日の4日間は帰省のため、お休みいたします。

アイダイブは今年、15周年を迎えました!
これを記念して、オリジナルタオル、作ってみました。
上質の今治タオルを使った、数量限定のタオルです!


当店をご予約の際は、過去2週間以内に新型コロナウィルスに感染していないこと。
濃厚接触者となっていないことが前提条件となります。
あらかじめ、ご了承くださいませ。

さらにご来店時にも、再度の確認をお願いいたします。

今後も感染対策に気を配りながら、開放的な海でのアクティビティを提供していきたいと思います。

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP