最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

こんな日もある雲見【2015年7月26日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 24ブイ → 24ブイ
2ダイブ目:牛着岩 グンカン → はまゆのブイ
天気 快晴
風向 西より
流れ ほとんどなし
波・うねり うねり大
気温 31℃
水温 20℃〜26℃
透明度:3m〜6m
透視度:2m〜5m
今日のゲストは昨日からの3名様と、3日前・木曜日のログを見て来て下さったリピーターのおひとり様でした。
確かに23日木曜日はうねりがほとんどなくなり透明度も回復していたので、あの状態が続いていたら問題なかったのですが・・・。
むしろ今日はうねりが強くなっていました。陸から見た感じ、水路はやめたほうがいいな、ということで沖のブイからエントリーしたのですが、見た目以上にうねりのパワーが強く、水路付近にはまったく近寄れませんでした。
エントリーするとうねりのせいで海底の砂が舞い上がり、透明度もさらに落ちるというダイバーには泣きっ面に蜂のコンディション。このうねりは台風12号からのものでしょうね。もう九州の西側にまで北上しているので、うねりを送ってよこすことは出来なくなると思いますが、その前に出来たうねりが時間差で伊豆に届いているのでしょう。イタチの最後っ屁みたいな感じで、ありがたくない置き土産です。
2ダイブ牛着岩ver.9.0そんな中、うねりに耐えて必死に撮ったウスイロウミウシ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA水深24mのアーチテングダイも濁りのせいでクリアには見えません。こんな深い場所にまでうねりは届いています。
DSCF0505テングダイ2本目は水路周辺がダメなら、とグンカンからエントリー。
カイカムリアカホシカクレエビといった生き物はうねりに耐えてケナゲに頑張っていました。でも写真はNGでした。
そんな中、砂地で見かけたサカタザメ。今の時期ならではの風物詩的存在です。
DSCF0508サカタザメ水深16mのアーチの中のイサキ。なぜか穴の中にたくさん集まっていました。
DSCF0513イサキう〜ん、残念ですが仕方ありません。相手は自然。思い通りにならないこともあります。
明日はうねりが弱くなるだろう、と希望的観測をしています。f ^ ^ *)
本日の写真提供はキヨシさん、ありがとうございます!

【アイダイブからのお知らせ】

■ ジンベエザメ、マンタ、ハンマーヘッドシャークを狙う夢の8日間!
アイダイブ的モルディブクルーズ2015は11月21日から28日です!このリンクをクリックしてチェック!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP