最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

同じコースを逆回りする雲見【2014年6月8日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 スタンダードコース
2ダイブ目:牛着岩 逆・スタンダードコース
天気 曇りのち晴れ
風向 ほぼ無風
流れ ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 24℃
水温 19℃
透明度:3m〜5m
透視度:3m〜5m

今日は偶然、初・雲見のゲストが揃いました。おひとりは沖縄・宮古島以外でのダイビング経験がないという方。もうひと組は伊豆ダイバーですが、雲見はちょっと遠いのでなかなか来られなかったというおふたり様。それでは早速、初・雲見ダイビング行ってみましょう!
2ダイブ牛着岩ver.9.0宮古島ダイバーは透明度の悪いダイビングも始めてとのこと。雲見もいい時はいいのですが、今日のように芳しくない日もあります。なので1本目は様子を見ながらブイでエントリー。なぁんだ、皆さん落ちついていらっしゃいます。では早速水路へと入っていきましょう。
壁にミスガイがくっついていたので、ちょっと寄り道して。
DSCF7583ミスガイクレバスを落ちてH型のトンネルをくぐって。この辺りで残圧が130以上あればスタンダードコースを回りきれるのですが・・・。お、問題ありません。では、雲見・牛着岩のおいしいとこ取りのルート、その名も「スタンダードコース」行っちゃいましょうか。ちなみにこの名称は非公式です。お店によってはそう呼んでいないところもありますのでご注意を。
クランクの出口付近にはテングダイが。
DSCF7584テングダイ水深24mのアーチの手前にはキンメモドキの大群が。皆さん、この魚影に圧倒されたようですね。
さらにアーチを抜けたところにあるマンボウ待ちの根には、今日もボブサンウミウシが待っていてくれました。
DSCF7585ボブサンさらにたて穴の入口にはヘリシロイロウミウシが。もう長いことこの場所にいるので、顔なじみになってしまいました。なのであいさつしないで通り過ぎると居心地悪く感じるくらいです。
DSCF7586ヘリシロイロ皆さん、潜り終わったあと「地形がすごい」と口々に言っていました。ガイド冥利に尽きますね。(*^^*)
じゃ、2本目は今行ったコースを正確に反対回りしてみましょうか。たまにはこんなのも一興ですよね。
はい、そしてハナタツツノガニ、大きなヒラメコモンウミウシなど見ながら回ってくることが出来ました。
少人数でたっぷりと地形を堪能した1日でしたね。ただちょっと透明度がよくなかったのが残念でした。またきれいな時に潜りにいらして下さい。全然別の雲見をお見せできると思います。
ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 今年もモルディブに夢を見に!アイダイブ的モルディブクルーズ 2014の詳細です!

■ 雲見の海底清掃、今年は6月25日水曜日の予定です!

■ 4月1日より当店のダイビングフィーを価格改定させていただきました。ご理解のほどよろしくお願いします。

■ ドライスーツの初回レンタル料無料!初めての方も丁寧にレクチャーするので大丈夫。ぜひチャレンジしてくださいね。

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

 

 

 

 

 

そして今日は私の誕生日でした。Facebookなどからメッセージを下さった皆様、ありがとうございました。
これからの一年もどうぞよろしくお願いいたします。
DSCF7578

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP