最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

雲見でエビ・カニ三昧!【2013年5月27日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 24ブイ→ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 小牛の洞窟
天気 曇り
風向 ほぼ無風
流れ ごく軽く
波・うねり ごく軽いうねり
気温 22℃
水温 18℃〜19℃
透明度:17m〜18m
透視度:14m〜16m

帰ってきました、雲見!

昨夜は羽田近くのホテルに泊まり、朝イチの電車で戻ってきました。

海況はご覧の通りのべた凪。ゲストはデジイチで生き物の写真を撮るのが大好きなリピーターさんです。

2dive牛着岩ver.8.1

 

エビ・カニが好きな方ですが、もちろんお魚でもウミウシでもオッケーとのこと。

24ブイでエントリーすると・・・。いきなり、この魚影です。

DSCF1856群れ

まずはシャイなハナタツから。なかなかカメラ目線をくれません。

IMG_6929ハナタツ

こちらはイボイソバナガニ。何を考えているのかさっぱり分からない顔です。

IMG_6939イボイソバナガニ

岩の隙間にはホムラチュウコシオリエビ。撮りやすい場所にいてくれました。

IMG_6953ホムラチュウ

シラユキウミウシはにゅいーんと伸びて、ちょっとセクシーです。

IMG_6963シラユキ

文句なくキュートなハナイロウミウシ。久し振りに見つけました。

IMG_6969ハナイロ

これまた撮りやすい場所にいますね〜。撮って下さいと言わんばかりのムラサキウミコチョウ

IMG_6987ムラサキウミコチョウ

アカホシカクレエビのアップにぐぐっと迫ります。

IMG_6993アカホシカクレエビ

ちょこまかと泳ぎ回るレンテンヤッコの子ども。たっくさんシャッターを押して、ようやくものにした一枚です。

IMG_7007レンテンヤッコ

おや。見つかるときは立て続けです。今日、2個体目のハナイロウミウシ

IMG_7022ハナイロ

これは穴からひょこっと顔を出すマツバギンポ

IMG_7038マツバギンポ

ショウジンガニ幼体ですね。普通は岩場にいると思いますけど、小さいときはこんなソフトコーラルの間に隠れていたりするんですね。

IMG_7045ショウジンガニ幼体

これはお初にお目にかかります。ただ、ソフトコーラルの根元にある窪みの奥の方にいて、写真は厳しかったですね〜。一応、証拠写真ということでご勘弁下さい。ヤドリツノモエビという種類です。

IMG_7057ヤドリツノモエビ

1本目はこの他にもスミゾメミノウミウシヒブサミノウミウシニシキウミウシの幼体、フジイロウミウシキャラメルウミウシなどを見ることが出来ました。

 

2本目は主に小牛の洞窟で遊びました。

ここは目の粗い砂や貝殻の細かく砕かれたものが堆積しています。そっと石を起こすと、その下にはいろいろな生き物が隠れています。たとえばこれはフタバゴイシガニという種類ですね。きちんと写真を撮って名前を調べたのはこれが初めてです。

IMG_7067フタバゴイシガニ

そしてこちらはトガリオウギガニです。お腹に黒っぽいタマゴをたくさん抱えていましたが、写真には撮れませんでした。

IMG_7104トガリオウギガニ

こちらはツブヒラオウギガニですね。鮮やかな朱色が印象的です。

IMG_7108ツブヒラオウギガニ

これもたぶん、フタバゴイシガニだと思います。体色はかなりバリエーション豊富のようですね。

IMG_7116フタバゴイシガニの2

小さな穴の奥にはクリアクリーナーシュリンプ。それを撮っていたら、手前にはテナガエビの仲間が2匹ひょっこり現れました。そのうちの1匹ですが、何しろ透明なので難しかったです。

IMG_7125テナガエビの仲間

またヤドカリの仲間もたくさん見かけます。これはベニホンヤドカリですね。

IMG_7135ベニホンヤドカリ

そして砂地を素速く移動するエビ発見!なんでしょうね、これ?

図鑑を見てみると、たぶんフタミゾテッポウエビ、またはそれに近い仲間らしいことが分かりました。

IMG_7146フタミゾテッポウエビ?

最後は浮上間際の浅場にあるソフトコーラルに隠れていた擬態上手の甲殻類です。体にガヤなどをくっつけて上手に隠れていました。人間の目は誤魔化せませんけどね。(⌒^⌒)b

IMG_7175トサカに隠れているカニ

もちろんこの他にも定番の甲殻類もちゃんと見てきました。

いや〜、ほんとに雲見って生き物の層が厚いですね。(⌒^⌒)b

今日の写真提供はHiroseさん。いつもありがとうございます!

 

【アイダイブからのお知らせ】

■ アイダイブのオリジナルTシャツプロジェクト始動!

■ 2013年11月、モルディブクルーズへ再び!ジンベイザメと自分とのツーショット写真、撮りませんか?

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP