ダイビングライフの充実を。器材販売について

皆さんはご自分の器材をお持ちですか?

ダイビングは道具に依存するスポーツです。 水中を快適に潜るためには実に多くの器材が必要ですし、どれかひとつが欠けても潜れなくなっちゃいますよね。 またその器材の良し悪しや自分に合う合わないは、ダイビング中のストレスに大きく関わってきます。でも意外にどんな器材が自分に合うのかって情報は少ないですよね。 本当は最初に自分を教えてくれた(OW講習を担当してくれた)インストラクターに相談するのがいいのでしょうが、 例えば海外でCカードを取得した方など、したくてもできない人もいると思います。私のお店は西伊豆・雲見のガイドを専門にやっていますが、もちろんあらゆるダイビング器材を販売しておりますし、 実際にどんな器材を選んだらいいか、といった相談もよく受けます。 私は20年以上この業界に関わってきて、自分なりに「これなら間違いなし」というオススメの器材があります。

もしどんな器材を選べばいいか分からない、という方は声をかけていただければ、出来る限り相談に乗らせていただきます。

私なりのお勧めの器材は、次のようなキーワードを元にチョイスいたしました。

「シンプル」「長持ち」「飽きが来ない」「使いやすさ」「機能性のよさ」「安っぽくない」「値段以上の価値」

ただ安さだけで器材を選ぶなら、当店はお役に立てません。 それなりの器材はそれなりの値段がします。しかし長く使ったあとに「決して高い買い物ではなかったな」と 思っていただけるような、そんな提案をしていきたいと思います。また、当店ではお勧めの器材を一部レンタル品として置いてあります。ダイビングの器材は色や形も大事ですが、やはり実際に使ってみた使い心地が重要になります。 まずは一度当店に潜りに来ていただき、その上でじっくりと器材に関する相談をなさって下さい。 その上でご納得いただけたなら、ぜひマイ器材を当店にて揃えて下さい。
あなたのダイビングライフがよりいっそう充実する手助けをさせていただければ、と思います。

ダイビング用スーツについて

ウエットスーツはフルオーダーで作ってこそ、その真価を発揮します。 体にぴったりと合っていないとすき間に水が入り、寒く感じます。またきついと苦しくてダイビングを楽しむどころではなくなってしまいます。ダイビング用スーツはダイビングを快適に楽しむために最も重要なもののひとつです。そこで当店では、ウエットスーツ(ドライスーツも)は実際に採寸してオーダーするフルオーダーを推奨しています。ご来店いただければデザインがかっこよく、機能性に優れたスーツをご案内させていただきます。

*当店推奨のダイビング用スーツメーカーのウェブサイト

器材のメンテナンス

普段のお手入れはそれ程難しいものではありません。全ての器材をまずはよく水洗いして塩分を落とします。 (個々の器材の洗い方を実際に知りたい方は、ぜひ当店にご来店ください) 次に干しますが、直射日光に長く器材をさらしておくと、ゴムの部分が傷んだり、色が褪せたりしてしまいます。 器材を干す場合は風通しのよい半日陰が理想的ですね。
乾いたら市販の衣装ケースなどに入れて保管しておくと傷みにくく、長持ちします。 参考になさって下さい。
普段のお手入れとは別に、ダイビング器材(特にスキューバ器材=BCジャケットとレギュレータセット)を手に入れたら、一年に一度定期的な保守点検が必要になります。車の車検のようなものですね。

車もダイビング器材も、どちらもきちんと機能しなければ命にも関わる道具ですから、定期的な保守はどうしても必要になります。ダイビング器材の場合はそれを「オーバーホール」と呼んでいます。当店でももちろんオーバーホールを受け付けております。潜りに来たついでに、オーバーホールをご希望の器材を 置いていって下さい。約3週間後にはオーバーホールが完了いたします。

メンテナンス料金  基本工賃12,960円 + 交換部品の実費

上記は一般的なレギュレータセットとBCジャケットのインフレータ部分をオーバーホールに出したときの料金です。単体でオーバーホールに出すよりセットのほうがお得になっています。 ただし器材によっては基本工賃が高くなる場合がございます(マレスのエアトリム、SASのAACSなど)。
*交換部品の実費は実際に作業をしてみるまでわかりません。一度ご相談ください。

また各ダイブコンピュータの電池交換も受け付けております。

*雲見でのダイビング、アイダイブ宿泊などに関してのご質問をまとめた「よくある質問」もご覧ください。

お問い合わせは:info@idive.jp

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP