伊豆雲見のダイブショップ/アイダイブってどんなお店?

アイダイブについて

雲見を熟知したガイド

どうせ雲見を潜るなら、その雲見を毎日のように潜り、地形から生物からよく知っているガイドと 一緒に潜った方が、雲見の魅力を満喫できます。アイダイブのガイドは雲見でのガイド経験6,000本以上。複雑な地形や生物に詳しいのはもちろん、その日の海況やゲストのリクエスト、スキルなどを総合的に判断して、もっとも楽しめるコースを 常にご提案しています。

西伊豆・雲見の詳細はこちらから!

少人数制

雲見は地形が複雑で、数多くのアーチや洞窟などが入り組んで独特の景観を作り出しています。それが雲見の最大の特徴であり魅力なのですが、ひとつ間違えばガイドとはぐれたりする可能性も 低くありません。
そこで当店では、すべてのお客様にガイドの目が行き届くこだわりの少人数制を採用。当店のキャパシティ以上のご予約は、残念ですけれども潔くお断りしております。ダイビングの楽しさはしっかりと安全が確保されてこそ。この大前提を今後も守っていきたいと思います。

ショップハウス

アイダイブの最大の自慢は2007年12月に完成したばかりの真新しいショップハウス。オーナーの自宅を兼ねた建物は一見普通の住宅のようです。でもそれは、ゲストにまるで友達の別荘に遊びに来たかのような安らぎとくつろぎの空間を提供したい、というオーナーのこだわりから。
もちろん宿泊も出来ますので、ダイビングのあとはリラックスしたひとときをお過ごし下さい。

アイダイブのショップハウス詳細はこちらから!

アイダイブのご予約はこちらから!

スタッフ紹介

アイダイブスタッフ
ガイド:金子 裕昭(かねこひろあき)
1965年6月生まれ B型 双子座
プロフィール
出身は埼玉県。東京で一旦は就職し会社員となる。 その後趣味で始めたスクーバダイビングに自分の天職を見いだす。25歳で会社を辞め伊豆・下田でダイビングスタッフとして働き始める。 CMASのインストラクター資格取得後、沖縄・久米島にて2年間ガイド修行。 久米島から埼玉の実家に戻った後、いったんはダイビングガイドを辞め職を転々とするが、海への思いやまず、約4年のブランクを経て古巣の伊豆・下田へ舞い戻る。 下田で自分が最初にCカードを取った店で約10年間ダイビングガイドとして勤務。 40歳になったのを機に独立を決意。永年勤め、世話になったダイビングショップを退職後、アイダイブを立ち上げる。
非常勤ガイド:宗村 加奈子(むねむらかなこ)
1987年3月生まれ ?型 魚座
プロフィール
出身は東京都。元はアイダイブのゲストだった。
サイパンが大好きで通っていたが、国内でも潜りたくなりネットで検索して見つけたのがアイダイブだった。雲見の複雑な地形や豊富な生き物たちに魅了されて通ううちに、自らガイドになることを決意。東京でのOL生活を続けながら、インストラクター資格の他に自動車の普通運転免許も取得。雲見のガイドはもちろん、ゲストを駅まで送迎することも出来るようになった。ダイビングで劇的に人生が変わったことを実感しつつある今日この頃。
→ かなこのブログ「OL、ダイビングインストラクターになりました!」はこちら!
アイダイブスタッフ
スタッフ:金子 香保里(かねこかおり)
1972年7月生まれ AB型 蟹座
プロフィール
出身は東京都。元はダイビングのゲストだった。
今はアイダイブの陸担当スタッフとして送迎やショップハウスのキーピングを担当する。

アイダイブのご予約はこちらから!

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP