最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

濁り、うねる雲見【2020年7月5日】

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)24(にーよん)ブイ → 小牛横
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)グンカン
天気 雨時々曇り
風向 午前中はほぼ無風
流れ ゆるい下り潮
波・うねり うねり有り
気温 28℃
水温 19℃〜23℃
透視度 → :0m〜4m
透明度 ↓ :0m〜5m

また、今年も豪雨災害の季節になってしまいました。
熊本県などで被災された方に心からお見舞い申し上げます。
1日も早い、日常の回復をお祈りしております。

アイダイブのある松崎町も、決して災害と無縁ではありません。
昨日は松崎町に続く道路があちこちで、土砂崩れや雨量規制による通行止めに見舞われました。

下の地図は昨日の朝、下田土木事務所のHPからのものです。
お隣・西伊豆町の堂ヶ島や、松崎-雲見間が通行止めになっているのが分かります。

そんな中、前日入りやら、朝、迂回路を通って4人のお客様が駆けつけてくれたのですが。
雲見はクローズだし、そもそも雲見へ行く道も田子へ行く道も閉ざされていて、どこにも潜りに行けません。

仕方なく、皆でおしゃべりして、美味しいランチを食べに行って解散、となりました。
午後には通行止めも解除になっていましたしね。

今日は雲見がオープンしたので、波止場へと向かったのですが。

川から流れ込んだ大量の土砂で、海は真っ茶色。
そして波止場は、高潮で打ち上げられた大量の木片で埋まっていました。

「はまゆ」のスタッフが総出で、片付けていました。
お疲れさまです!

陸から見た感じでもうねっているし、透明度の悪い事だって容易に想像出来ました。
少しでもきれいな水を求めて、沖側の24ブイからエントリーです。

ところが!
流れ込んだ泥水が多すぎたのか、今までの大雨なら影響を受けなかった24アーチ周辺まで、すっかり濁っていました。

皆で、はぐれないように注意しながら慎重に移動。
そして、生き物を見つけては写真を撮ります。
イソギンチャクモエビ、よく撮れていますね!

これは体長2cmくらいのちびカエルアンコウ。
お客様がみつけました。😍

この場所は浅いせいか、うねりも大きくて体を固定するのもひと苦労。
なのに、よく見つけましたね〜。
これだけでも、潜った甲斐があります!

こんな日に限って、小さな生き物が!
ナンヨウウミウシです!

1ダイブ目を終えて、エキジット。
すると船頭さんが「ハンマーがいる!」と叫びました。

水面に目をこらすと、波間に現れる背ビレ!
紛う方無きハンマーヘッドシャークです。

大きさは印象としては1m〜1.2mくらい?
先日、水中で見たよりも小ぶりに感じました。

今回は船上からですが、ゲスト達と一緒にハンマーを見ることが出来ました〜。

2本目は泳ぎ回るのをやめて、グンカン岩で遊びました。
これはクモガニの仲間。

ヨコシマエビは小さな穴の奥にいて、最初の人が写真を撮っている間に、奥に入っていってしまいました。

これはヒラミルミドリガイ。
ゲスト曰く「見返り美人」です。

ちなみに浮世絵の「見返り美人」(菱川師宣《ひしかわもろのぶ》作)は、こんなヤツですね。
うん、似てるかも?😅

まるでナイトダイビングのような、昼間のダイビング。
なんとか2ダイブ、潜り終えることが出来ました。

でもやっぱり、透明度はいいに超したこと無いですね〜。
1日でも早く、沖からきれいな潮が流入して入れ替わって欲しいですね。

お昼は今週3回目の「ニラレバ炒め」
だって、美味しいんだもん!😄

お疲れさまです!
本日の写真提供は、ゆみこさん、ゆかりちゃん、ゆーちゃん、の「3ゆ」女子でした!


《お知らせ》

7月21日火曜日、お休みいただきます!

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP