最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

1日で激変、青&暖の雲見!【2020年6月22日】

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)小牛の洞窟 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島前 → 島前
天気 雨のち曇り
風向 北東の風強い
流れ ほとんどなし
波・うねり 浅場にうねり
気温 24℃
水温 23.6℃〜24.2℃
透視度 → :10m〜12m
透明度 ↓ :13m〜15m

今日も、昨日とは別の、カメラ好きなお客様とマンツーマンでのんびり潜ってきましたよ〜。

エントリーしてびっくり!
昨日に比べてはっきりとあったかいし、青い!
水温は2℃アップ、透明度は1.5倍くらいよくなりました〜。

ですが、ひたすら壁をにらんで被写体探しです。😅
最初に見つけたのはフジイロウミウシ。

ミツイラメリウミウシはあちこちで、がっつり交接中!
面白いのは、黄色い個体は黄色と、白い個体は白とペアになるのね、ちゃんと!

ちっこいコトヒメウミウシもカップリング成功?

こちらはコトヒメウミウシによく似ているけど。
イバラウミウシ属の一種10でした!

お菓子みたいなアラリウミウシ。
食べたい。( ̄ー, ̄*)

よく見かけるキリンミノ。

ベニワモンヤドカリ!

おー、ステキな場所にいますねー。
ベニキヌヅツミガイ。

一瞬、2匹いる!って思っちゃいました。
あらためてよく見ると、体がねじれているだけか。
さすが、軟体動物。

青いです。
昨日とは全然違います。
別チームは24ブイでエントリー直後、小さなハンマーヘッドシャークを単体で見かけたそうです。

アラリウミウシも交接中。

ブルーコーナーにて、安全停止。
充実の1ダイブでした。

2本目は少し波が出て来たので、島裏を回避。
島前からエントリー。

リュウモンイロウミウシ。

ヘリシロイロウミウシ。
久しぶりに見ました!

これは??
アオウミウシ属の一種11のようです!

変な形ですねー。
ジンガサヒトエガイ属の一種、という一応ウミウシの仲間です。

意外と数が少ないシロウミウシ。

転石の上を、高速で這っていたタカラガイの仲間。

水路下の洞窟にて。

別チームが、キンメモドキと絡んでいる様子。

おや、カイカムリ。

ユビウミウシ。

ナンヨウウミウシ!
しかも2個体!
交接する態勢ですね。どんどん、増えて欲しいです!

少し離れたところにも。
この調子で増えてってくださーい!

お!お!お!レア物。
アデヤカイボウミウシですね。
今年も来たー!

そしてハナビラミノウミウシも。
段々、ウミウシ達の数と種類が増えてきた感じがします。

これは、ムラサキウミコチョウ!

おー!
キャラメルウミウシも!

50分×2ダイブがあっという間でした!
潜り終わると、次は・・・。
お腹が空きました!😅

本日の写真提供はよしこちゃん。
ありがとうございました!

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP