最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

今年初ウミウシ探し@雲見【2019年1月3日】

なかなか風が収まりませんが・・・。
それでも雲見、潜れています!

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)大牛の洞窟 → 湾内

2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)小牛の洞窟 → 島前
天気 晴れ
風向 西より
流れ ほとんどなし
波・うねり 風波と浅場にうねりあり
気温 12℃
水温 18.2℃
透視度 → :14m〜15m
透明度 ↓ :20m〜
去年の暮れ26日にも来てくれたお客様が、年明けにまたさっそく潜りに来てくれました。
ウミウシ大好きゲストとマンツーマンで、魚やエビカニには目もくれず、ウミウシを探して壁をにらむ2ダイブです。(⌒^⌒)b
まずは大牛の洞窟へ。
女性の小指の爪ほどもないキャラメルウミウシから。
うわー、よく撮れていますね〜。
クラサキウミウシです。
久しぶりに見つけたオセロウミウシ!
おおー!
これも久しぶりです。
ジュッテンイロウミウシ、嬉しいです!
コモンウミウシは珍しくないけど、かわいい!
センテンイロウミウシは、数がだいぶ増えてきました。
セトイロウミウシは穴の中に潜り込もうとしています。
ヘリシロイロウミウシは、濃淡のある白い色合いが上品です。
イバラウミウシ属の一種11。
10日ほど前に見た時と、ほぼ位置が変わっていないエンジイロウミウシ。
周りの白いカイメンを食べ尽くすまでは、ここにいてくれるかな?
ウスイロウミウシもお食事中。
オオパンカイメンの表面の小さなこぶの上で絡みあうハクセンミノウミウシ属の一種3。
手前の個体の目に当たる眼点が見えています。
これはコモンウミウシに似ているけど、ちょっと違う不思議な個体。
キンギョハナダイの群れ。
2本目も、もちろんウミウシに特化したダイビング。
まず見つけたのが、ミドリリュウグウウミウシ。
よくいるコミドリリュウグウじゃないですよ!!
ハクテンミノウミウシ。
サラサウミウシのツートップ。
かなり大きな個体ですね。
センテンイロウミウシ。
見上げればキビナゴの大群。
でもまたすぐに視線を壁に戻して。
再び登場のハクセンミノウミウシ属の一種3です。
先日来、カイメンをすごい勢いで食べていたクラサキウミウシ。
今日は食べるのをやめて、交接の体勢??
こんな群れの中、ウミウシを探して。
おおっ!ヤグルマウミウシが増えてる!
これは先日から観察している個体。
それに比べ、若干色が濃く、右の触角が二叉に別れている個体。
今までどこにいたんでしょうね〜?
ナンヨウウミウシは全部で3個体いました。
ヒロウミウシ。
緑藻の影に隠れそうなアオセンミノウミウシ。
最後は糸くずのようなアカテンミノウミウシ。
はぁ、面白かった。
今日はランチに塩かつおうどんを食べて来ました!!
今日の写真提供はよっちゃん。お疲れさまでした!
明日も雲見でダイビングの予定です!


 

アイダイブのご予約はこちらから!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 1月18日(金)〜20日(日)の3日間、お休みします!

駿河湾フェリーが安くなるキャンペーンやっています!
名古屋・静岡県西部方面から来るお客様には耳寄りな情報です!
詳しくはこちらのページをご覧下さい!

アイダイブ的タオ島2019!
初の試みです。
日程:4月20日(土)〜25日(木)6日間!
タイランド湾(シャム湾とも)に浮かぶ離島タオ島へ!
ハイシーズンど真ん中、狙うはもちろんジンベエザメ!!
詳しくはこちらをご覧下さい!!

来年のアイダイブ的宮古島は10月です!
日程は2019年10月25日(金)〜28日(月)です。
「宮古島ミュージックコンベンション」という野外ライブも見る予定!
詳しくはこちらをクリックしてください!


「麺屋井むら」さんが食材を用意してくれるBBQ出来ます!詳しくはこちらから!

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP