最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

雲見の旬の生き物【2018年11月30日】

最近、モルディブクルーズへ行っていたりして、雲見でのダイビングは久し振りです!
明日、雲見をガイド予定なので、旬の生き物を確認しに行ってきました!
1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)大牛の洞窟 → グンカン 

2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ)島前 → ブルーコーナー
天気 晴れ
風向 西より
流れ ほとんどなし
波・うねり 風波と弱いうねりあり
気温 17℃
水温 21.3℃
透視度 → :14m〜15m
透明度 ↓ :18m〜20m
波止場へ行くと。
おおっ!(゜゜;)
はまゆさんの倉庫兼受付の入口が新しくなっていました。
まだ、昨日工事をしたばかりだそうです。
これで、また安心して器材を預けられますね。
ちなみにこの建物は漁協さんのものなので、工事をしたのも漁協さんです。
もう、ひどい台風で壊れないといいですね〜。
さて。
私が留守にしている間にクマドリカエルアンコウやニシキフウライウオが見つかったとの情報が。
場所を確認すると、グンカン岩周辺に集中しているみたいですね。
さっそく、行ってみましょう!
と、思ったんですが。
便乗した船に乗っている人みーんなグンカンからスタート。
じゃあ、混んじゃうので遠慮して、私はひとりだけ大牛の洞窟からスタートしました。
最初に見たのはベニカエルアンコウ。
以前からずーっといるヤツです。
これははまゆのガイド・ささめちゃんが見つけたバイオレットボクサーシュリンプ。
たぶん、私も雲見では初めて見ると思います!
ペアでいましたが、写真は単体のみ。
何しろちっこい穴の奥にいて、写真が撮りにくい!
証拠写真で勘弁して下さい。m(_ _)m
そのあと、アウトサイドの平根へ。
ここに小さなピカチュウウミウシ(ウデフリツノザヤウミウシ)がいると聞いて、確認してきました。
はい、いました。いましたけど。
水深24m付近で深いし、行くのも遠いし、周りに何もないし。
はっきり言って、コース取りが難しい!
これをお客様に見せようと思ったら、他の色々なものを犠牲にしないとダメな感じです。
まあ、どうしてもという方がいたらリクエストしてくださいませ。
かわいいことは、間違いありません。体長は2〜3mmです。
このあとグンカンへ移動。
するとちょうど海冒主の真野さんがいて、私を呼んでいます。
教えてくれたのは、オイランヨウジ。
海底のゴミだまりに潜んでいて、めちゃくちゃ分かりづらかったです。
真野さん、ありがとう!
同じ場所にニシキフウライウオもいました。
これはオスのほう。
お腹の育児嚢にタマゴを抱えたメスもいました!
そして、体長2cmほどのクマドリカエルアンコウ。
通称シロクマ君!かわいい!
薄い鰭膜がよく分かります!
上がり間際に、水深11m付近にタテジマキンチャクダイの幼魚がいるよ、とささめちゃんが教えてくれたのですが。真野さんと2人で探したけど、見つからず。
代わりに、真野さんが珍しいテンジクダイ系の魚を教えてくれました。
どうやらウスジマイシモチというやつのようですね。真野さん、ありがとう!
2本目も真野さんやささめちゃん、DDSの安東さんやタバサちゃんとチェックダイブ!
これは昨日、アクアティークの糸井さんから情報をもらった極小のウミウシです。
まだ名前が無くて、「日本のウミウシ」図鑑にはクロスジリュウグウウミウシ属の一種4という仮称で紹介されています。糸井さん、ありがとう!
それからこれはソメワケヤッコ。
これもすばしっこい・臆病で光が嫌い・穴から出てこない、と三拍子揃った写真の撮りにくさ。
証拠写真です。m(_ _)m
透明度はいい状態です!
ずっと壁を見ていたので気がつきませんでしたが。
ふと、上を見ると、イサキがたくさん群れていました。
これは小ぶりなアカシマシラヒゲエビのペア。
一緒にいるウツボが邪魔で、うまく撮れませんでした。
今日はいいわけばっかしているなぁ。f ^ ^ *)
キリンミノの幼魚もずっと同じ場所にいます。
小牛の裏の角にあるゴミたまり。
ここにもずっとカミソリウオのペアがいます。
手前がオスで、奥がメス。
どこにいるか、分かりますよね?
お、また、真野さんに水中で会ったぞ。
なんか呼んでる。なんだろ?
何か見つけたのかな?
って、なんと!4cmはある大きなピカチュウじゃないですか!すごい!
1本目、無理に深い場所へ見に行かなくてもよかった。「(^^; )
大きさ比較の為に、ライトを写し込んでみました。
最後、Hの穴付近を通ると、キンメモドキが沢山いました〜。
ああ、面白かった。
40分×2ダイブでこの内容の濃さ。さすが雲見です。
ただ、一時期に比べてウミウシが減ってしまったことと、明日は西風予報なのが気になりますね。


アイダイブのご予約はこちらから!

【アイダイブからのお知らせ】
今年もアイダイブは年末年始を休まずに営業します!
潜り納め、初潜りは是非雲見のアイダイブへ!

「日本のウミウシ」図鑑の著者、中野理枝さんが雲見に来ます!
12月8日9日の日程で潜って、ウミウシを探して、写真を撮って。
8日夕方には、中野さんによるセミナーを、9日には顕微鏡を使ったワークショップも予定しております。

ウミウシ好きは見逃せません!
是非あなたも中野さんと一緒に潜りませんか??

ダイビングフィーはいつもと変わりません。
8日夕方のセミナー参加費が3,000円、9日のワークショップ参加費が1,000円です。貴重な経験になること、まちがい無しです!

来年も久米島行きます!
1年ほど前に発見されたマンタステーション。
そのポテンシャルは今年1年かけて証明されつつあります!
マンタが舞い、クジラが歌い、ハンマーが跋扈する。
そんな久米島の海へ、ご一緒しませんか??
日程:2019年2月22日(金)〜2月25日(月)

詳細はアイダイブまでご連絡を!

来年のアイダイブ的宮古島は10月です!
日程は2019年10月25日(金)〜28日(月)です。
「宮古島ミュージックコンベンション」という野外ライブも見る予定!
詳しくはこちらをクリックしてください!

「麺屋井むら」さんが食材を用意してくれるBBQ出来ます!詳しくはこちらから!

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP