最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

田子でさくっと2ダイブ【2018年10月7日】

台風のうねりはだいぶそのパワーが弱くなってきたようです。
が!今日は風が西よりの風、しかも強い。
やっぱり雲見はクローズに。
田子でお世話になってきましたが、今日は外洋も行けませんでした。

1ダイブ目:弁天島(べんてんじま)
2ダイブ目:白崎(しろさき)
天気 晴れ
風向 南西の風
流れ ほとんどなし
波・うねり 風波あり、うねりはかなり小さく
気温 29℃
水温 25℃
透視度:5m〜7m
透明度:6m〜8m

今日のお客様は7名様。
昨日の朝からの4名様、夕方着いた2名様とお一人様。
皆さん、互いに初対面の方もいましたが、仲良く井むらさんへ晩ご飯を食べに行きました。

そして帰ってきて、ひと言。
「明日のゲスト全員の総意で、井むランチしたい!」と。
つまり、いつもなら7名のゲストを4人と3人に分けて先発後発、という運用で私が4ダイブするところですが、それだとどうしても終わるのは午後2時から3時になってしまいます。

ゲスト達は、せっかくなので井むらさんでランチが食べたい。
なので1チームの人数が多くなってもいいので、2ダイブで終わりたい!というリクエストでした。

ほほー。なるほど。f ^ ^ *)
了解いたしました。皆さんがそれでいいということでしたら、私はお客様のリクエストにお応えするのみです。

1本目は、弁天島へ。
エントリーしてみると、思ったほど透明度は悪くありません。
妖しく揺れるスナイソギンチャクの根本には、オシャレカクレエビ。
それからイソギンチャクモエビも。
クダゴンベはいなくなってしまったそうです。
代わりに、お腹にタマゴを抱えたオルトマンワラエビ。
ソラスズメダイ、きれいです!
ハナタツは首尾よくゲット。
そしてアカホシカクレエビ。
これは大きな個体で、抱卵しているようです。
この他に小ぶりな個体がさらに2匹いました。
浮上間際の浅い岩場では、キビナゴの大群!
エダサンゴのすき間にはキモガニ!
いや〜面白かったですね。
ただ、水中はあまりうねりも感じずに楽でしたが、浮上すると水面は風が強くて、波がバシャバシャ。
ボートへのエキジットに苦労しました。

2本目は白崎へ。
潜る前、海冒主の真野さんから小さなハタタテハゼがいる、という情報をもらいました。

みんなで大捜索したところ、発見!
小さくてかわいい!
けど、ちょこちょこ動くので、証拠写真です。
このあと、アカオビハナダイ、というちょっと珍しいハナダイの仲間を見に行きました。
いるにはいましたが、すばしっこいので、写真には収められませんでした。(T^T)

そして!みんなが待望していたランチへ!
私は週替わり定食のしょうが焼きをいただきましたよ。
いや〜今日もみんなで楽しく潜れましたね。
お疲れさまでした!(*^^*)


 

アイダイブのご予約はこちらから!

【アイダイブからのお知らせ】

「日本のウミウシ」図鑑の著者、中野理枝さんが雲見に来ます!
12月8日9日の日程で潜って、ウミウシを探して、写真を撮って。
8日夕方には、中野さんによるセミナーも予定しております。

ウミウシ好きは見逃せません!
是非あなたも中野さんと一緒に潜りませんか??

「麺屋井むら」さんが食材を用意してくれるBBQ出来ます!詳しくはこちらから!

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP