最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

大雨あとの雲見【2017年11月23日】

今朝、目が覚めると、外は大雨。
波止場に着く頃にはだいぶ小やみになりましたが、かなり濁った水が流れ込んでしまいました。(*´Д`)=з

1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 24ブイ → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 小牛の横 → 島前
天気 曇り
風向 西風
流れ 下り潮
波・うねり 風波あり
気温 12℃
水温 19℃
透視度:8m〜10m
透明度:14m〜15m

今日は仲良しご夫婦がゲストでした。
さあ、水中はどんな感じでしょうか?
1本目は島裏の24ブイでエントリー。
まだここまでは川の濁りは到達していなかったので、意外に水中は見えています。
24アーチのテングダイ・ペアに挨拶して。
ベニカエルアンコウを見て。
ニューフェイスの小ぶりなクダゴンベ2匹もチェックします。
今日は2匹同時に見ることが出来ましたが、少し離れているのでツーショットは撮れませんでした。
そして前回のダイビングで見損ねたニシキフウライウオ。
今日は見ることが出来ました。
これはメスの個体ですね。
お腹に育児嚢があって、どうやら抱卵しているようです。
実はもう1個体、いる筈なんです。
で、懸命に探しましたが、みつからず。
その間、ゲストは自力でアカホシカクレエビを発見して撮っていました。
Hの穴周辺の魚群は安定しています。
これは安全停止の時に見つけたハナミドリガイ。
そしてコケギンポです。浮上する間際まで気が抜けません。


【アイダイブ2018年のあれこれ】

アイダイブ的久米島2018の日程は:2018年2月23日(金)〜 26日(月)

むらいさちさんのフォト講座・日程は:2018年4月14日(土)〜 15日(日)

アイダイブ的モルディブクルーズ2018の日程は:2018年11月17日(土)〜 24日(土)


2本目は赤くてキレイなカミソリウオ情報を聞いて、小牛の横からエントリー。
水面には川の濁りが到達していて、水に顔をつけても何にも見えません!
まあ2mも潜降すればその下はよく見えているので問題ありませんが。
これはゲストが見つけたオキゴンベの若魚。
そしてフォトジェニックなイバラカンザシ。
コールマンウミウシ、健在です。
でも近くにいたセトイロウミウシは見つかりません。
ニヨリセトイロも、アオセンミノウミウシもミダレスジイロウミウシも見つけられませんでした。一期一会ですね〜。
これは嫌がらせに近いサイズ(米粒大)のコミドリリュウグウウミウシ。
まあまあ大きいコトヒメウミウシ。
これはキタンヒメセミエビ。
よく見かけるヒメセミエビに似ていますけど、ちょいと違います。
透明なクリアクリーナーシュリンプ。
小牛の洞窟・出口の様子です。
これはクランクの魚影。
あ!クエが頭上を通過していたんですね。
最後は新しく水路下の洞窟で見つけた小指の爪大のセトイロウミウシ。
水面に上がると、雨は上がり晴れ始めていました。
富士山もよく見えましたね。もう5合目くらいまで雪を被っていました。

お昼はいつものお店が定休日だったので、「久遠」さんに行ってきました。
まずミニサラダとおしんこと小鉢が出てきて。メインは鮪の漬けと白身魚の胡麻醤油和え。まずは鮪を頂いて、白身魚は出汁をかけてお茶漬けで頂きます。
今日のご夫婦、いつもの井むらさんの他にプロヴァンス・ド・すずきさん、サルーテ、そして今回の久遠と松崎町のグルメをかなり制覇してきましたね。(*^^*)
あとはどんなお店があるかな??

本日の写真提供はやすこさん。ありがとうございました!

アイダイブのご予約はこちらから!

【アイダイブからのお知らせ】

アイダイブが予定する2018年のあれこれ!イベントやツアーが盛り沢山です!「アイダイブ的2018の予定!」

アイダイブ的久米島2018は来年2月23日から26日の3泊4日!詳しくはこちらをクリック!

「麺屋井むら」さんが食材を用意してくれるBBQ出来ます!詳しくはこちらから!

■ アイダイブの非常勤ガイド・カナコのブログです!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP