最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

雲見のトビエイは?【2017年5月17日】

今日も雲見は穏やかな海況。天気は曇りでした。
今、雲見にはイワシの大群が押し寄せていて、そのイワシを狙うヒラメとかワラサ狙いの釣り船がたくさん出ていました。
ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 24ブイ → 大牛の裏
天気 曇り
風向 東よりの風
流れ 下り潮
波・うねり ほとんどなし
気温 21℃
水温 17〜18℃
透視度:6m〜7m
透明度:8m〜10m
今日はリピーターのゲストとマンツーマン。1本目はいつものようにのんびりとウミウシやエビカニ、カエルアンコウやハナタツを探しながら水路周辺を潜りました。
そして2本目は気分を変えて、アウトサイド方面へ。そろそろトビエイが出る季節です。
過去にもこの時期には既にトビエイが複数出ていますし、都市型ショップさんが最近アウトサイドでトビエイを見たという情報がありましたし、西伊豆の他のポイントでも出ているとのこと。
つまり、雲見でもそろそろだろう、という推測からのトビエイ狙いです。
今日はエントリーした水路の入口に、既にイワシの小さな群れがいました。
でもその群れはすぐに見えなくなってしまったので、のんびりと生き物探し。まずはスミゾメミノウミウシから。
普通種のセンテンイロウミウシですが、今年は数が増えませんね〜。
これはひと昔前、フルーツポンチウミウシと言われていたニシキウミウシの若い個体。
いい名前なんですけどね〜。ひとつの種類にふたつ名前はいらないからな〜。
仲良く寄り添うオセロウミウシ(仮称)。
触角が互い違いの方向を向いているので、交接の体勢ですね。
数が増えてきたキャラメルウミウシ。
今日はこれと同じ体長1cmくらいの個体を3つ確認しました。
和名のないノウメア・ワリアンス。
これまた正式名称のないワライボヤマツカサウミウシ。
アオウミウシも交接中。交接器官をくっつけ合っているのが、はっきり確認出来ます。
そしていなくなったと思っていたラベンダーウミウシ、再発見!
そんなとこに隠れていたんじゃぁ、見つからないです。(T_T)
よく見ると3個体いますね。ユビワミノウミウシ。
クランク周辺の魚影です。素晴らしい。
これはいつものオオモンカエルアンコウ。
エスカ(疑似餌)を振っている様子がよく分かります。
ハナタツです。昨日は絡みあってラブラブだったそうですが、今日は皮弁のある相棒が見当たりませんでした。
はい、これも再発見されたベニカエルアンコウ。
はまゆのガイドささめちゃんから教えてもらいました。
ちっさーいシロイバラウミウシ。
これはイボイソバナガニ。擬態凄いです。
これはスベヨコエビの仲間です。
小さくてロボチックな姿かたち。不思議な生き物です。
久しぶりにトンガリのオオモンカエルアンコウ君に会いました。
穴の中から片目だけのぞかせるマダコ。
こっち見てる!
牛着岩では一番沖にあるモロコ根まで足を伸ばしてみましたが、トビエイは不発でした。
その代わりと言ってはなんですが、とにかくイワシ!
凄い数が群れていました。なんでも沖合で網を使って根こそぎイワシを漁獲していた大型船が廃業したんだそうです。
そのせいかどうか、イワシの数増えているみたいです!(*^^*)
午前中でさくっと2本潜り終わったので、いつものお店でランチ。
今日の週替わりはシーフードカレーでした。イカが1匹丸ごと、ドン!他にエビや帆立の貝柱も!
おしんこもいつものヤツじゃなく、自家製ピクルスでした。
本日の写真提供はやすこさん。ありがとうございました!

アイダイブのご予約はこちらから!

【アイダイブからのお知らせ】

視界一面に群れるホタルを見に行きませんか?その前に井むらプレゼンツBBQももれなくついてきます!←詳細はクリック!

「麺屋井むら」さんが食材を用意してくれるBBQ出来ます!詳しくはこちらから!

今年の「アイダイブ的モルディブクルーズ2017」は 2017年11月18日(土)〜25日(土)の予定です!

■ アイダイブの非常勤ガイド・カナコのブログです!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP