最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

雲見の春濁りはひと休み!【2017年3月13日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 24ブイ → 島裏
3ダイブ目:三競(さんきょう)
天気 曇り時々晴れ
風向 北東の風
流れ ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 12℃
水温 14℃
透視度:7m〜8m
透明度:10m〜12m
伊東ゆかりさんの歌う「小指の想い出」のメロディに乗せて!「あなたが噛んだ 小指が痛い」のあれです。
『お腹に貼った カイロが熱い 低温やけど しそうに熱い♪』
今日もウミウシ大好きゲストとマンツーマンで潜ってきました。海はべた凪。そして昨日は3mも離れると互いに見えなくなるほどの透視度だったのに、今日はその3倍くらい見えるようになっていました。ふ・し・ぎ!
まずはスミゾメミノウミウシから。2個体いますね。
ピンクのぐるぐるタマゴが産みつけられています。これからどんどん産むと思います。
たくさん見かけたオトメウミウシ
たくさん見かけたシリーズは他にアオウミウシシロウミウシサラサウミウシキイロイボウミウシなど。
このサクラミノウミウシもいっぱいいました。
寄り添うオセロウミウシ(=仮称・ツヅレウミウシ科1種5)と、そっぽを向くサラサウミウシ
三者の間に何があったんでしょうか?
天井に近い所にいるので、ダイバーの吐いた泡まみれになってしまうラベンダーウミウシ。
雲見ではあまり見かけないハナミドリガイ
ポップなデザインがお気に入りのコモンウミウシ
そしてベニカエルアンコウ
ここで悲しいお知らせです。昨日、せっかく見つけたヒュプセロドーリス・クラカトア
今日、もういなくなっていました。(T^T)
昨日、大勢のダイバーが小牛の洞窟に入って行ったので蹴散らされちゃったのかなぁ。残念です。
2本目は24ブイからエントリー。
浮遊物はありますが、水深12mのロープの根本から水面まで、一応見えていました!
リュウモンイロウミウシは、この後どこへ行くのでしょう。
お尻でっかちなアカボシウミウシ
一列縦隊に並んだテントウウミウシ。追いかけっこ?
ムラサキウミコチョウもいましたよ!これはゲストが自力で発見。
このモフモフ感がたまらない!ゴマフビロードウミウシです。
そして!またまたレア物登場!久しぶりに見るオレンジ・タンジャです。
正式な和名はありません。何故か英語の通称で呼ばれています。
さらに!コンガスリウミウシ再発見!なんだ、いたんじゃん!(*^^*)
3本目はさらなるウミウシを求めて三競(さんきょう)へ。
ここは地形もすごいんですけど、ウミウシも侮れないんです。
これは小さなスミゾメミノウミウシ。大きい個体ばかり目につくので、むしろレア物です。
ヒロウミウシ
アカエラミノウミウシ
そしてシラユキウミウシ
昨日、アクアティークの糸井さんのブログに載っていたキベリアカイロウミウシ
だいたいの場所を教えてもらって探しに行ったら、うまく見つけることができました!
最後はオキナワベニハゼ
シャイなのですぐに逃げちゃうのですが、いい感じで撮れていますね〜。ナイスです。
冒頭、懐かしい昭和歌謡に乗せてお送りした替え歌ですが、平成生まれのはまゆスタッフ・こっしーにはピンと来なかったようです。f ^ ^ *)
今日、がっつりウミウシを楽しんだのはよしこさん。写真提供もよしこさんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

今年の「アイダイブ的モルディブクルーズ2017」は 2017年11月18日(土)〜25日(土)の予定です!

雲見の地形が好きなら一度は見ておきたい宮古島!今年も行きますよ!詳しくはこちらをご覧下さい。

■ アイダイブの非常勤ガイド・カナコのブログです!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? 当店に併設されたアロマトリートメントのお店「リフレクカオカオ」のご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP