最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

やっとうねりなくなった雲見【2016年10月24日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) はまゆのブイ → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 24ブイ → 島前
天気 曇り時々晴れ
風向 ほぼ無風
流れ 下り潮少々
波・うねり ほとんどなし
気温 18℃
水温 23℃〜24℃
透視度:10m〜12m
透明度:15m〜16m
平日だというのに何故かゲストいっぱい!1チーム6名様で潜ってきました。ご夫婦だったりふたり組だったり、別々に来たダイバーが偶然同じ日に集まったという感じです。皆さん、なんで平日なのに自分たちだけじゃないんだ??と思ったことでしょうね。f ^ ^ *)
海はようやく、しつこいうねりがとれて泳ぎやすくなりましたが、流れは強かったですね。
2%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%96%e7%89%9b%e7%9d%80%e5%b2%a910-1今日はタカラガイやウミウサギガイをこよなく愛するゲストが来ていたので、ブイからエントリーしてまずはウミウサギガイを見に行きました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAブイ下には何故か大きなウミウサギが2つも3つもいて、もちろんご満悦の様子でしたよ。
またブイ下にツユベラの幼魚も居ました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA水路にいるいつものコケギンポ君にあいさつして。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAHの穴を通って。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA折角登場したアイドル達、台風のうねりで姿を消してしまったものも多いです。
でも小牛の洞窟ハナタツは2匹とも健在でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA何故か今はウミウシが少ないので、アオウミウシも貴重な存在です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA透明度がいいので、地形はよく見えましたね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAウミウシが少ないのに、何か所かで観察出来ているキャラメルウミウシ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA2本目は沖側の24ブイでエントリーしました。
これは岩の隙間から顔を出すホムラチュウコシオリエビ
OLYMPUS DIGITAL CAMERAサイズの大きい立派なビシャモンエビ
OLYMPUS DIGITAL CAMERAなんで透明な体で生きていけるんでしょうねぇ。不思議なイソギンチャクエビです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA雲見はヤドカリの仲間もたくさん居ます。
これは鮮やかな赤い体が印象的なベニホンヤドカリ。眼柄は紅白です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこれはイシダタミヤドカリ。ちょっと上のベニホンヤドカリに似ているようですが、眼柄の色がこちらは薄い藤色で、紅白のベニホンヤドカリとは違います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこれは・・・。普段見かけないのですぐに名前が出てきませんでした。
「ヤドカリ」図鑑を端から端まで見て、どうやらウスイロサンゴヤドカリだということが分かりました。
白い手足に青い第一触角、赤い第二触角。特徴的です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA今日も楽しく潜る事が出来ました。
本日の写真提供はゆうこちゃん、あつしくんです。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

明日10月25日(火)お休みいただきます。

■ 来年こそ水中でクジラを見たい!2017アイダイブ的久米島のお知らせです。

■ 今年のアイダイブ的モルディブクルーズは11月19日〜26日です!

■ アイダイブの非常勤ガイド・カナコのブログです!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? 当店に併設されたアロマトリートメントのお店「リフレクカオカオ」のご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP