最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

カメラの初心者もベテランも楽しい雲見【2016年8月7日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 島裏 → 大牛の洞窟
3ダイブ目:三競(さんきょう)
天気 晴れ
風向 ほぼ無風
流れ 下り潮小
波・うねり うねりわずか → 段々強く
気温 31℃
水温 23℃〜26℃
透視度:6m〜7m
透明度:8m〜9m
よく晴れて暑い一日になりました。朝のうち、うねりは昨日より少なくなりました。が、午後になると少しずつ強まってきましたね。さて、明日はどうでしょうか。
ゲストはリピーターがおふたり、初・雲見の方がお一人でした。ベテランチームを金子が、初・雲見のお客様を加奈子がマンツーマンでガイドしました。下のマップは金子チームが辿った軌跡です。
1ダイブ牛着岩10.1金子チーム、ウミウシなどかわいい生物の写真を撮るのが大好きなゲストなので生き物探し。
最初の被写体はツグチガイ。ウミウサギガイの仲間です。
2E0A0504ツグチガイ最近お気に入りの被写体です。きれいな色のコケギンポ。
2E0A0510コケギンポHの穴の中にたくさんいたバライロマツカサウミウシ
2E0A0543バライロマツカサうわ〜小さいのに触角の襞まではっきり見えています。ヒロウミウシ
2E0A0572ヒロウミウシんん?コケムシの先に何かついていますね。どうやらウミウシのようです。揺れるコケムシを押さえるのに指では大きすぎるので、BCのポケットからウミウシ観察三種の神器の一つ・とげ抜きを出して押さえてみました。
2E0A0590サガミリュウグウ極小3匹さらにクローズアップ!最初はコミドリリュウグウウミウシかと思いましたが、点々模様がありますね。
ということは、サガミリュウグウウミウシの幼体、それも極小のらしいです。
2E0A0596サガミリュウグウ極小今日はハナタツ、3匹コンプリートです。そのうちの1匹。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAシロタエイロウミウシは定位置から動かず。
2E0A0637シロタエイロ2本目も牛着岩で生き物探しです。これは今まさに産卵中のキャラメルウミウシ
2E0A0641タマゴ産むキャラメル近くに全部で6個体のキャラメルウミウシが集合していました。そのうちのふたつは仲良く寄り添っていました。
ラブラブですね。ここはキャラメルウミウシの婚活会場でしょうか??
2E0A0658寄り添うキャラメルわーお。まるで宙に浮いているように見えます。ステキな写真ですね。
ミチヨミノウミウシです。
2E0A0684浮くミチヨミノアカネコモンウミウシです。いや〜今日も見つけることが出来ましたが、だいぶ位置が変わっていました。f ^ ^ *)
2E0A0712あかね色タマゴを守るクマノミです。右側にびっしりと赤っぽいタマゴがあるの分かるでしょうか。
2E0A0725クマノミとそのタマゴタマゴをクローズアップ!
2E0A0721クマノミのタマゴそして、なんと!!
体長1.5cmと極小のカエルアンコウ発見!小さすぎて種類までは分かりませんでした。
2E0A0731極小のカエルアンコウムラサキウミコチョウはグミのよう。
2E0A0740ムラサキウミコチョウよく見るとウミカラマツエビの上にさらに小さいエビが。
左側にも極小のエビが写っています。
2E0A0751えびが3匹この写真にはウミカラマツエビが3匹写っています。分かりますか???
2E0A0752エビが3匹体長はせいぜい2mmほど。なのに驚くほど速いスピードで移動中のキイロウミコチョウです。
2E0A0762キイロウミコチョウゲストが見つけたミカドウミウシの幼体。レア物!
2E0A0775ミカド幼体3本目は三競(さんきょう)で生き物探しです。
これは臀ビレが黄色いキビレヘビギンポ。数年前、西伊豆では雲見で初めて確認されました。
2E0A0778キビレヘビギンポシロタスキウミウシです。
2E0A0815シロタスキ白線縁取る黄色線もう1個体。こちらは穴の中で産卵中でした。
よく見ると、背中の白い線を縁取る黄色い線、上の個体にはあるのに下の個体にはありません。個人差??
2E0A0804シロタスキ産卵シロシキブイロウミウシです。地味なんだよなぁ。
2E0A0824シロシキブイロキベリアカイロウミウシです。背中を縁取る線が特徴的ですね。途中何か所か線が滲んだようになっています。
2E0A0835キベリアカイロフチベニイロウミウシは数個体いましたが、どれも大きい!
2E0A0841フチベニイロ触角のヒダまでばっちり写っていますね。
2E0A0846フチベニイロ触角の襞ゲストが見つけたセトイロウミウシ。生き物探しの為のいい目していますね。
2E0A0867セトイロおやおや?不思議な光景ですね。
でかいニシキウミウシが今まさに交接中!その右下ではジュッテンイロウミウシのペアがラブラブですが、同じ方向を向いているので交接をする、とかした、という感じじゃないですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAでもま、キレイだからいいですね。(⌒^⌒)b
2E0A0889ジュッテンイロのペア夏空の広がる、暑い一日でした。
DSCF6235夏空の波止場さて、いっぽう加奈子チームは。
レンタルで初めて水中でカメラを使うというゲスト。の、割にはいい写真ありますね!
これはかなちゃんが再発見したアデヤカイボウミウシ。
DSCF6196アデヤカイボこれはイサキの群れ!
DSCF6207イサキの群れ今日はベテランも初・雲見のダイバーも生き物の写真撮影を楽しんだ一日でした。
写真提供はヨシカズさん、ミチヒロさんです。ありがとうございました。

【アイダイブからのお知らせ】

■ 8月17日水曜日お休みいただきます。

■ 今年のアイダイブ的モルディブクルーズは11月19日〜26日です!

■ アイダイブの非常勤ガイド・カナコのブログです!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? 当店に併設されたアロマトリートメントのお店「リフレクカオカオ」のご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP