最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

斧、買いました【2016年5月12日】

まさか自分でも斧を買う日が来るとは思いませんでした。
そう、あの「金の斧銀の斧」の斧です。
IMG_6102斧斧、コメリで7,480円もしました。さすがに売り場でかなり長く眺めた結果、一度は買わずに帰ったのですが・・・。
何故、私が斧を買うことになったか。きっかけはウッドデッキでした。
当店の庭にこのウッドデッキを作った経緯はすでに当ブログで報告済みでしたね。
IMG_6010完成ウッドデッキが出来ると、次にバーベキュー台が欲しくなるのは、人情ってもんです。
なので耐火レンガ150個を積み上げて、バーベキュー台を作ってみました。
IMG_6044窯うん、いい感じです。
IMG_6046このバーベキュー台、実はバーベキューというよりはダッチオーブンをイメージして作りました。
ダッチオーブンとは、鋳物で出来ていて直接火の上にかけられる鍋のことです。
はい、こんなヤツですね。パソコンの前に座って2、3回マウスをクリックすると翌日には届くシステム。便利です。
IMG_6036ダッチオーブンさて。まだ何か足りません。そう燃料です。
この場合、燃料は炭ではなく薪です。薪といえば、我が松崎町には「山伏トレイルツアー」という林業とマウンテンバイクという異業種をみごとに融合させたステキな集団がいるじゃありませんか。さっそく代表の松本さんに連絡を取って薪を分けてもらいました。
IMG_6064積まれた薪よし。ますますいい感じです。なんだか着々と進んでいる気がします。
何が進行中なのかは自分でもよく分かりませんが、とにかくこのまま進むことにします。
この薪、でかくてこのままじゃさすがに火がつきません。薪に火を付ける方法をネットで検索した結果、このページを見つけました。
「野外炊事の火のつけ方」
おおーなるほど。分からないことはグーグル先生に聞くに限りますね。すぐに答えてくれます。
ってことはつまり、ナタが必要だ。え、斧じゃないのかって? そう、まだなんです。
IMG_6042ナタ西伊豆のコメリも売り場が小さいとか品揃えが悪いとかバカにしたもんではないです。
ナタはやはり一度手に持って、その存在感やサイズを確かめた上で買いたかったので。これはそれほど迷わずすんなりと買いました。
だって、無いとあの薪の山が無駄になってしまう・・・。
で、さっそく薪割りに挑戦です。
IMG_6066 IMG_6068 IMG_6069 IMG_6075

やってみて分かったことは、重労働だということです。
特にでかい薪を最初に半分に割るのが大変でした。ごちんごちんと15分くらいかけてやっと半分に割ることが出来ました。
それをさらに半分に、という感じで焚き付け用の細い薪を作ったのですが・・・。
これっぽっち作るのに2時間もかかってしまいました。これは何かおかしい。もっと効率的な方法があるはずです。
IMG_6077ここで私はついにネットに頼らず自分の頭で考えました。
そして出てきた答えが「斧」だったわけです。う〜む。答えは出ましたが、本当にこれでいいのだろうか。自信はありません。
それを検証するにはコメリで見つけて一旦は買わずに帰って来た例の斧を買うしかない。
でも、もしうまく使いこなせなかったら?案外、ナタと大して変わらなかったら?
耐火レンガ150個もダッチオーブンも薪の山もナタも、独断で手に入れてきましたが・・・。
事ここに至って、初めて我が愛妻に相談。
もう後戻り出来ない所まで来て、初めて相談するっていうのもなんですが。
「斧、買っていいかな・・・?」
まあ、そのあとの夫婦の会話は皆さん、興味ないでしょうから割愛しますが、最終的に許可が下りたので斧、買ってきました。
IMG_6103斧ナタとはまた違った威圧感。ものとしての存在感。なんだか恐れ多い気がします。何に対して恐れ多いのか、よく分からないのは相変わらずです。
とにかく使ってみましょう。
IMG_6113薪割り IMG_6120薪割り IMG_6121薪割りおおおー!なんと、数回のごちんごちんで簡単にでかい薪がまっぷたつです。
ナタではあんなに苦労したのに。やっぱり道具だなぁ。うん、間違ってなかった。(*^Д^)=з
ある程度細かくなったら、ナタにバトンタッチ。もちろん細い薪には斧よりナタのほうがマッチすることは言うまでもありません。これで焚き付け用の薪もさくさく作ることが出来るようになりました。
さあ、あとはいよいよ薪でおこした火にダッチオーブンをかけて、料理を作るだけです。
それは明日。西伊豆付近の若いダイビングスタッフを呼んでバーベキューをする予定なので、ぶっつけ本番で薪に火を付け、ダッチオーブンで何か料理を作ってみようと思います。会場の設置は今日のうちに完了しました。(*^^*)
IMG_6125バーベキュー会場明日が楽しみです。
ちなみに私、今まで一度も薪に火を付けたことはもちろん、ダッチオーブンで料理をしたこともありません。(*^^*)

【アイダイブからのお知らせ】

6月4日(土)5日(日)フルブッキングです。また5月26日(木)〜5月29日(日)は宮古島、6月18日(土)19日(日)は銭州へのミニツアーを予定している為、雲見でのガイドはお休みです。ご了承下さいませ。

■ 今年のアイダイブ的モルディブクルーズは11月19日〜26日です!

■ アイダイブの非常勤ガイド・カナコのブログです!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP