最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

ついに春濁り?な雲見【2016年4月21日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩(うしつきいわ) コリンズのブイ → 小牛の裏角
天気 曇り
風向 ほとんどなし
流れ ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 22℃
水温 16℃〜17℃
透明度:5m〜12m
透視度:5m〜10m
今日はベテランのリピーターゲストとマンツーマンで潜ってきました。
エントリー直後はかなり濁っていて「お!ついに春濁りか?」と思いましたが、少し潜降していくとそれほどでもありません。でもこの時期春濁りがないと、あとあと心配です。
2ダイブ牛着岩10.1今日のゲストはデジタル一眼レフカメラで、ゆっくりと生き物の写真を撮るのが好きな方です。
最初に見つけた被写体はジュッテンイロウミウシ。今日は大接近していました。これから交接でしょうか??
これ、違う方向を向いている両方のウミウシの触角と二次鰓、どちらにもピントが来ていますね。奇跡のような一枚です。
8O0A0417ジュッテンイロ2匹その近くにいたマダライロウミウシ。触角をクローズアップ。右側は再生中です。
8O0A0418マダライロコケギンポの仲間です。まるで歯列矯正中のような歯並びまでばっちり分かりますね。
8O0A0453歯列矯正器リクエストのあったオオメアミの群れ。体長2mmほど。小さな穴などによく群れています。私はこれを勝手にハコフグか何かの幼魚だと決めつけていました。が、実は甲殻類なんですね。
8O0A0470オオメアミ群れえ、ちょっと分かりづらいですか?もうちょっと拡大しましょう。
8O0A0478オオメアミ群れこれでもダメ?じゃ、これでは?
8O0A0486オオアカメマニアックすぎますね。f ^ ^ *)
黄色と黒地に白線が写っていましたが、ほかに赤いのもいてかわいい、ですよね??
こちらはイロカエルアンコウの横顔です。
8O0A0499イロカエル横顔こちらはウミウサギガイの仲間・トガリアヤメケボリ
白い点々は小さな突起になっています。
8O0A0508トガリアヤメケボリガラスハゼです。目と目の間にある黄色い模様がハートマークな事に今気がつきました。
あーでも下の写真からはわかりにくいですかね?
8O0A0529ガラスハゼこれはムチカラマツエビ。すごく立体的な感じに撮れてます。この辺がデジイチのすごいところですね。
8O0A0539ムチカラマツエビダイビングが終わって浮上すると、お世話になっている「雲見ダイビングサービスはまゆ」さんの船が迎えに来てくれます。この船はダイバーを一度に4人持ち上げることの出来るリフトがついています。
まずはおへその深さのリフトに、フィンを履いたまま立ちます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAうぃーん、という感じでリフトがアップ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA完全に上がりきったら、転ばないように船の前に移動するだけです。
たぶん世界でいちばん楽なエキジットですね。(⌒^⌒)b
OLYMPUS DIGITAL CAMERAひとつの被写体にゆっくりと時間をかける事が出来ました。これも平日でマンツーマンダイブだからですね。
本日の写真提供はジェイさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 今年のアイダイブ的モルディブクルーズは11月19日〜26日です!

■ アイダイブの非常勤ガイド・カナコのブログです!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
PAGE TOP