最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

アイドルいっぱいの雲見【2015年10月25日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 島前 → 小牛の裏角
3ダイブ目:牛着岩 島前 → 小牛の前角
4ダイブ目:牛着岩 島裏 → 大牛の湾内
天気 晴れのち曇り
風向 東より
流れ ほとんどなし
波・うねり ごく軽いうねり
気温 20℃
水温 21℃〜22℃
透明度:17m〜18m
透視度:11m〜12m
今日もゲストをふたつに分けて交互にガイドしてきました。
海況は弱いうねりがある他は問題なし。安定しています。
4ダイブ牛着岩ver.9.0今、牛着岩の周りには人気の生物が目白押し。
このたくさんいるアイドル達のどれをお見せするかではなく、何をお見せしないかという選択に日々悩んでいます。本当はぜーんぶお見せしたいんですけど、時間や残圧やDECOなどの制約があってそうもいかず。贅沢です。(*^^*)
また雲見には裏切らない地形もあるわけで。こんな風景だって見たいし。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこんな魚影があれば写真も撮りたいし。忙しいです。f ^ ^ *)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA数あるアイドルの中でも双璧は、まずフリソデエビ
OLYMPUS DIGITAL CAMERAそれからもちろんクマドリカエルアンコウ。白いほうです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこの他、もう1匹黄色いクマドリカエルアンコウもいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこの子もかわいいです。黄色いイロカエルアンコウ。体長はわずか1.5cmほど。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA海の宝石と言われるウミウシ、今はあまりいないのですが、それでもミチヨミノウミウシや。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAサキシマミノウミウシ
OLYMPUS DIGITAL CAMERAシロミノウミウシといった面々を見かけました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこれは季節来遊魚のソメワケヤッコ。本来、伊豆にはいない南の魚です。
でも海流に乗ってはるばる雲見まで来てくれたんですね。レア物です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA穴から顔を出しているコケギンポの仲間。人差し指の先ほどの大きさです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこれはアカホシカクレエビ
OLYMPUS DIGITAL CAMERAそして女性の小指の爪ほどの大きさしかないトサカガザミ。肉眼より写真のほうがよっぽど細かい所まで分かります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA水路下の洞窟の様子です。ここから三角穴を経由して湾内に戻っていきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAいや〜充実のダイビングでした。雲見は1本のダイビングの中に地形も生き物も群れもぎゅぎゅっと詰まっていて中身が濃いですね。
本日の写真提供はエミさんです。ありがとうございました。

【アイダイブからのお知らせ】

■ 2016年のアイダイブ的あちらこちら(恒例の久米島や宮古島、モルクルなど)です。

■ ジンベエザメ、マンタ、ハンマーヘッドシャークを狙う夢の8日間!
アイダイブ的モルディブクルーズ2015は11月21日から28日です!このリンクをクリックしてチェック!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP