最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

さすがの雲見クオリティ【2015年10月24日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島前 → 小牛の裏角
2ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
3ダイブ目:牛着岩 大牛の湾内 → グンカン
4ダイブ目:牛着岩 小牛の前角 → 島前
天気 晴れのち曇り
風向 西より
流れ ごくゆるい下り潮
波・うねり ごく軽いうねり
気温 23℃
水温 21℃〜22℃
透明度:17m〜18m
透視度:11m〜12m
今日は午後から西風が吹いて、ちょっと水面がばしゃつきましたが、ダイビングに影響するほどではありませんでした。
週末でゲストの数が多かったのでふたつに分けて交互にガイドしてきました。
4ダイブ牛着岩ver.9.0先発隊、1本目は主に生き物を見に行くコース。
当然トップバッターはフリソデエビです。このアングルだと背中にハート模様のあるのが分かります。
IMG_1898フリソデエビの❤アカホシカクレエビです。一時期全く見かけなくなりましたが、またあちこちで観察できるようになりました。
今日は宿主のイソギンチャクが軽いうねりで揺れているので、ピントをばっちり合わせるのは至難の業でした。
アカホシカクレエビ久しぶりに見たスイートジェリーミドリガイ。まだ小さいサイズです。
ウミウシ達、これからじわじわと増えてくれるでしょうか。
IMG_1968スイートジェリーこれはトサカガザミ。小さいのでうまく撮るのは至難の業です。
DSCF6023トサカガザミ後発隊には初・雲見の方がいたので、地形を意識したコース取りでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA先発隊は2本目も生き物を探しながら泳ぐコース。
これはカザリイソギンチャクエビです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAすぐとなりのイソギンチャクにいたのは・・・。
たぶんヒメイソギンチャクエビのメスです。上のカザリイソギンチャクエビに似ていますが、目をつなぐ白い線がなかったり、ハサミ脚に白い帯状の線が入っていたり、背中に模様があったりと細かな違いが色々とあります。
IMG_1952ヒメイソギンチャクエビ雌これはテンス。ひらひらと泳ぎ回るのに、よく撮れていますね。
IMG_1939テンスこれもぴたりと静止しているように切り取ることが出来ました。
キンギョハナダイの雄です。
IMG_1953キンギョハナダイ雄シロクマ君(白いクマドリカエルアンコウの略)も見て来ましたよ。
IMG_1961シロクマそのそばにはオレンジ色のイロカエルアンコウ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA黄色いベニカエルアンコウはソフトコーラルの奥に隠れています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA最後はミナミハコフグの幼魚。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAいや〜他にもたくさん面白い生き物いましたが、今日はこんな所で。
お客様からは地形や生き物の面白さがいつ来ても充実している為か「さすがの雲見クオリティですね」といううれしいお言葉を頂きました。明日も雲見で2チームをガイドする予定です!本日の写真提供はユウカさん、ジュンさんです。ありがとうございました。

【アイダイブからのお知らせ】

■ 2016年のアイダイブ的あちらこちら(恒例の久米島や宮古島、モルクルなど)です。

■ ジンベエザメ、マンタ、ハンマーヘッドシャークを狙う夢の8日間!
アイダイブ的モルディブクルーズ2015は11月21日から28日です!このリンクをクリックしてチェック!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP