最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

気の合う仲間と雲見でのんびり【2015年8月15日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 24ブイ → 小牛の前角
3ダイブ目:牛着岩 大牛の洞窟 → ロッカク岩
天気 晴れ
風向 ほとんど無風
流れ ほとんどなし
波・うねり ほとんどなし
気温 31℃
水温 26℃〜28℃
透明度:14m〜15m
透視度:10m〜12m
今日は仲のいい3人組がお客様でした。皆さんベテランでリピーター。勝手知ったるアイダイブ、そして雲見です。
海は穏やかであったかく、透明度は少し落ちましたがまずまずの状態。ストレスフリーのダイビングをしてきました。
3ダイブ牛着岩ver.9.0おや、これは珍しい写真ですね。Hの穴の天井に生えているイソバナです。カラフル〜。
DSC07042イソバナ小牛の洞窟にいるハナタツです。う〜んいいアングルで撮らせてくれません。
DSC07051ハナタツ小牛の洞窟のシルエット。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAブルーコーナーのキンギョハナダイ、華やかです。
DSC07079ブルーコーナー今日もこの人の写真を撮りながらの安全停止。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAそう言えば白いオオモンカエルアンコウ、またいなくなってしまいました。(T_T)
でもこの人は健在。イロカエルアンコウです。
DSC07067赤イロカエルどうやらお腹が空いているらしく、額についている疑似餌をぶんぶんと振っていました。
これは疑似餌が下向き。
DSC07074イロカエルこれはまん中。
DSC07075イロカエル
そして上向きです。餓死しないでね〜。
DSC07077イロカエル今、何故かウミウシが少ないです。がんばって探してやっとみつけたセンヒメウミウシ
DSCF1100センヒメこの人だけはいま数が多いです。ミチヨミノウミウシ
DSC07110ミチヨミノこれはウミウシの卵塊。タマゴはあちこちで見かけるんですけどね〜。
しかしこの粒々ひとつひとつがタマゴ。ってことはすごい数のウミウシの赤ちゃんが生まれるんですね。ただ、ちゃんと大人になるまで成長するのはどれくらいの数なのでしょうか。
DSC07114ウミウシのタマゴこれはアオリイカのタマゴ。もうハッチアウト寸前ですね、イカの赤ちゃん。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA3本目、どこで潜ろうかなと悩んでいたら。アクアティークの糸井さんが「フジナミウミウシ見つけたよ」と情報をくれました。
じゃあ、見に行きますか!(*^^*)
ということで、さっそく見つけることができました!
DSCF1105フジナミレア物ゲーット!糸井さん、ありがとうございます!
そして少し離れた所でもう1個体見つけることができました!今までいっくら探してもいなかったのにどうして急に2個体も。不思議です。
これはオルトマンワラエビ
OLYMPUS DIGITAL CAMERAお。よく撮れていますね。ハナミノカサゴ
DSC07150ハナミノカサゴ透明で小さなクリアクリーナーシュリンプ。よくこんな風に撮れましたね。ステキです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA最後はゲストが見つけたアジアコショウダイの幼魚。ようやく南の魚たちも増え始めたようです。
DSC07160アジコお盆の土曜日なのに貸切!と今日のゲスト達は喜んでいました。
当店的には・・・。いえ、なんでもないです。f ^ ^ *)
本日の写真提供はリツコさん、アキノブさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 2016年のアイダイブ的あちらこちら(恒例の久米島や宮古島、モルクルなど)です。

■ ジンベエザメ、マンタ、ハンマーヘッドシャークを狙う夢の8日間!
アイダイブ的モルディブクルーズ2015は11月21日から28日です!このリンクをクリックしてチェック!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP