最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

雲見の穴を堪能する夏休み【2015年7月31日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 スタンダード+α
2ダイブ目:黒崎
3ダイブ目:三競
天気 曇り時々晴れ
風向 ほぼ無風
流れ 弱い下り潮
波・うねり ほとんどなし
気温 32℃
水温 22℃〜27℃
透明度:10m〜12m
透視度:8m〜10m
今日は福島から3年ぶりにご来店のゲストと、リピーターゲストの組合せでした。
福島のゲストは3年前、雲見がクローズで潜れませんでした。ついに念願かなって、というヤツですね。(⌒^⌒)b
今日の雲見はべた凪。少し雲の多い天気でしたが流れも気にするほどは無く、初・雲見を楽しむには絶好の海況でした。
1ダイブ牛着岩ver.9.01本目はスタンダードコースへ。先日久しぶりに回った、と書いたばかりでしたがこういう事って続くんでしょうか?
リピーターゲストのリクエストだったし、初・雲見の方もいたし、もう穴巡りしないわけにはいきません。もちろん大歓迎なのですが。(*^^*)
DSCF0688Hの穴H型のトンネルをくぐったあと、ちょいとコースから外れて白いオオモンカエルアンコウを見に行きました。昨日は少しはずれた所にちゃんといたのですが、今日はいくら探しても見当たりません。他のガイドさん達もみつからなかったと言っていましたので、ついに姿を消したようです。もちろん以前のように出戻ってくる可能性もありますが・・・。随分長く楽しませてもらいました。
小牛の洞窟前のハナタツを見に行くと、こちらも昨日いた場所にはいません。水深にして3mくらい浅い場所に移動していました。ちょうどこの場所にいたアクアティークの糸井さんに教えてもらって事なきを得ましたが・・・。やれやれ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA水深24mのアーチテングダイに挨拶して。
DSCF0692テングダイたて穴を上がって。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA小空間の魚影と地形のコラボには、見とれてしまいます。
DSCF0693小空間水路下の洞窟で、イエイ!
DSCF0695水路下の洞窟2本目は黒崎へ。
これは黒崎のトンネルへ入るダイバー。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA中にはイサキが群れていて、行く手をふさぎます。
DSCF0703黒崎のトンネルかと思えばネンブツダイ達が群れていたり。楽しい場所ですね。
DSCF0705黒崎のトンネル3本目は更なる穴を求めて、三競へ。
2番の穴で、再びイエーイ!
DSCF0708三競2番サガミイロウミウシのペアです。餌のカイメンに埋もれていますね。
「こっちのカイメン、チョコ味だよ!」「こっちのはイチゴ味!」って言っているかどうかは本人達に聞いてみないと、なんとも。
DSCF0710サガミイロ2個体3番の穴。まだレーザービームには早いようです。
DSCF0711三競3番穴の出口辺りにいたマダコ。私たちに見つかってしまい、かなり動揺していました。
DSCF0713マダコ4番の穴・通称「宮殿」。光のカーテンが美しいです。
DSCF0716三競4番最後は5番の穴を出て、終了です。今日一日でどれだけ穴をくぐったでしょうか。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA福島から来たゲストも、夏休みを思う存分楽しめたと思います。お疲れ様でした。
そして今日の写真提供はヒデアキさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 8月4日火曜日、お休みいただきます。m(_ _)m

■ ジンベエザメ、マンタ、ハンマーヘッドシャークを狙う夢の8日間!
アイダイブ的モルディブクルーズ2015は11月21日から28日です!このリンクをクリックしてチェック!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP