最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

生き物充実の雲見【2015年7月28日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 グンカン → ロッカク岩
3ダイブ目:三競
天気 晴れ
風向 南西より
流れ ほとんどなし
波・うねり うねり微弱
気温 31℃
水温 22℃〜25℃
透明度:5m〜10m
透視度:4m〜8m
今日はリピーターゲストとマンツーマンでした。
しつこかったうねりはようやく衰えを見せ、今日は水路もストレス無く通行可能でした。
2ダイブ牛着岩ver.9.01本目はうねりのとれた水路で、のんびり生き物探しから。
これはシロウミウシのペア。
DSCF0538シロウミウシのペア久しぶりに確認したら、まだ頑張っていました。あの長いうねりにも耐えていたんですね。
正式和名が無いので、便宜的にワライボヤマツカサウミウシ(仮称)と呼ばれています。
DSCF0540ワライボヤマツカサこれはコトヒメウミウシ。ペアです。
DSCF0542コトヒメ2匹まだ白っぽい濁りは残っています。でも、これだけ見えていれば。
DSCF0543Hの穴先日、とあるダイバーに蹴っ飛ばされてしまったらしいオオモンカエルアンコウ
でも逃げ出したりせず、ちゃんと定位置にいてくれました。生き物を見てそこから離れる時は、気をつけたいものです。
DSCF0545オオモンカエルお腹の大きな父さんハナタツ
DSCF0547ハナタツひっそりと紅藻の影にたたずむヒロウミウシ
DSCF0549ヒロウミウシHの穴の上にある小さなトンネル。通る時には魚たちを押しのけなければなりません。
DSCF0550Hの穴上夏の風物詩、ニシキベラの集団・放卵放精です。
DSCF0553ニシキベラわらわらと集まってきてぱっと同時に放出。素早く岩の上に戻ります。
DSCF0554ニシキベラ周りには生まれたてのタマゴを食べようとメジナがうろうろ。まさにこれが生の営みってやつですね。
DSCF0555ニシキベラ2本目はグンカンからスタート。でもカイカムリは行方不明でした。
これはアカホシカクレエビ
DSCF0560アカホシカクレエビあちこちで交接しているウミウシ達。ここにもラブラブカップル発見です。キイロウミウシ
DSCF0562キイロウミウシこれはリュウモンイロウミウシ。よっこらしょと上体を持ち上げて遠くを見ているのでしょうか?
DSCF0563リュウモンイロ再・再発見!?カナメイロウミウシです。きれいだ〜。
DSCF0566カナメイロこちらはセンヒメウミウシ
DSCF0567センヒメこれまた正式和名のないオセロウミウシ(仮称)
DSCF0568オセロ洞窟の奥では、ウツボがなにやらリラックスモード。よく見るとその周りには20匹以上の小さくて透明なエビが!
クリーニングが得意なソリハシコモンエビでした。
DSCF0569ソリハシコモンエビこの洞窟にはもうひとつ、ここならではの名物が。
それはサクラテンジクダイ。今まさに口内保育中で、口の中のタマゴまで透けて見えています。
DSCF0572サクラテンジクダイ口内保育浮上間際の浅い場所にはメイチダイの成魚がたくさんいました。でも冬とか見かけないよな〜。季節来遊魚かな?
それにしてもいきなり成魚の状態で登場ってどういうことだろう??
DSCF0573メイチダイやっぱり雲見は面白い!この勢いで3本目突入です!
せっかく晴れているし、こんな時はやっぱり三競ですよね。
DSCF0574三競1の穴ゲストを確認する為にふり向いたら、目の前にふわふわと浮いているものが。
そっと指で押すように壁に近づけると、ぴとんとくっついて、ヒラミルミドリガイになりました。
DSCF0575ヒラミルミドリガイレーザービームにはまだ早いけど、3の穴はいつ来てもキレイですね。
DSCF0579三競3の穴穴の暗がりには、ごそごそっとイセエビ。今は禁漁期間中なので羽を伸ばせるのも今のうちです。
DSCF0583イセエビゲストが一生懸命コモンウミウシを撮っています。そのそばで別のウミウシいないかなぁと探していた時にふと目についたゴミのようなもの。
写真を確認してみると、ゴミじゃなくてセンニンウミウシでした。
DSCF0587センニンウミウシさらにそのそばに、もっと小さいゴミのようなもの。でも心のキレイな私にはちゃんとこれがウミウシだと分かりました。
図鑑を調べてジョオウミノウミウシと判明しました。お初にお目にかかります。
DSCF0593ジョオウミノいや〜他にもまだまだ紹介しきれなかった生き物をたくさん見ることが出来ました。
この調子でどんどん生き物、増えてくれるといいですね。お疲れ様でした!

【アイダイブからのお知らせ】

■ ジンベエザメ、マンタ、ハンマーヘッドシャークを狙う夢の8日間!
アイダイブ的モルディブクルーズ2015は11月21日から28日です!このリンクをクリックしてチェック!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP