最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

いのち満ちあふれる雲見【2015年7月5日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島裏 → 大牛の洞窟
2ダイブ目:黒崎
天気 雨
風向 東より
流れ ほとんどなし
波・うねり なし
気温 19℃
水温 17〜20℃
透明度:15m〜18m
透視度:10m〜15m
昨日のうねりがすっかり消えて、べた凪になりました。これで晴れてさえいれば、言うこと無かったのですが。
雨の濁りもだいぶ薄まりました。水深5m以浅はちょいと茶色っぽいですが、その下は青い海が広がっています。
1ダイブ牛着岩ver.9.0昨日から引き続きのお客様達だったので、昨日とコースをかぶらないように。でもキンメモドキが群れる所は行きたい、ということで、そのキンメモドキのど真ん中にエントリーしました。
DSCF0194ダイバーが見えないう〜む、すぐそばにいるのに、分からなくなるほどです。右側にもうひとりダイバーがいて、白いフィンだけが見えています。
そしてこの群れの中を、大きなトビエイが横切っていきました。
DSCF0190トビエイすげ〜。トビエイにつれてキンメモドキの群れも変化します。
DSCF0191トビエイそしてまたカーテンは閉じてしまいました。
DSCF0193キンメモドキふと足もとに目をやれば、ウミウシ達。これはコトヒメウミウシ
DSCF0196コトヒメアオウミウシは交接中。
DSCF0198アオウミウシ交接そしてまたトビエイ!さっきとは別個体ですね。今度は近かった!
DSCF0204トビエイこれはヒラミルミドリガイ。緑の海藻の上で擬態しているつもりでしょうが、ニンゲンの目はごまかせません。隣にいるピンクの貝がいいアクセントです。
DSCF0205ヒラミルミドリガイそしてカナメイロウミウシ。現在雲見で観察できる全ウミウシ中もっとも美しい、といっても過言ではないくらいのべっぴんです。
DSCF0215カナメイロ昨日から続けて3本、牛着岩に潜ったことになるので、2本目は黒崎へ。
エントリーして、これまたいきなり濃密な「いのちのスープ」へと突入です。
DSCF0218潜降イワシの群れですね。
DSCF0229イワシそれもよく見ると大きさの違う2種類が混ざっているようです。いや、混ざっているようでちゃんと群れは分かれています。
DSCF0230イワシ水面直下には、このイワシたちを狙っているらしき魚影が数十匹。圧倒的な高速遊泳はソウダガツオと思われます。が、早すぎて写真は撮れません。
20分以上、こんな風景の中を泳ぎ続けました。
DSCF0234巻かれる DSCF0243 DSCF0237 DSCF0236 DSCF0235最後は黒崎のトンネルへ。複雑な形をした穴で、迷路のようです。
DSCF0247トンネルそしてここにも、たくさんの魚が群れていました。
DSCF0249いや〜、面白かった。2本目のダイビングが終わって水面に上がってきたときのゲスト達、口々に「面白かった」「ここ大好き」と。
よっぽど印象が強かったみたいです。最後のダイビングに黒崎を選択して正解でした。お疲れ様です!(*^^*)

【アイダイブからのお知らせ】

■ ジンベエザメ、マンタ、ハンマーヘッドシャークを狙う夢の8日間!
アイダイブ的モルディブクルーズ2015は11月21日から28日です!このリンクをクリックしてチェック!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP