最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

ぽかぽかあったかい雲見【2015年2月24日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 島前 → ブルーコーナー
2ダイブ目:牛着岩 小牛の裏角 → 島前
天気 晴れ
風向 ほぼ無風
流れ ほとんどなし
波・うねり うねりのみややあり
気温 14℃
水温 17℃
透明度:20m
透視度:14m〜15m
今日は初・雲見の女子ふたりと潜ってきました。
雲見の波止場は日差しが当たると汗ばむほど。風もぬるく、春の気配を感じる1日でした。
2ダイブ牛着岩ver.9.0初めて雲見を潜る人には、やっぱり「雲見の基本」と私が勝手に思っているコースへお連れいたしましょう。
牛着岩の正面玄関とも言うべき水路の入口から入ってクレバスを落ちる。約8mの落差を落ちて、がらりと変わった水中景観を楽しんだら次はH型のトンネルへ。
DSCF7481Hの穴魚の群れをかき分けてクランクへ抜けると、そこは大・中・小と3匹のクエが。大と中はすぐに逃げてしまったのですが、大はゆっくりと戻って来てくれたので、結局大と小の2匹のツーショットを楽しむことが出来ました。ちょっと分かりにくいけど、手前の大きなクエの向こうにもう1匹見えています。
R0013862クエのツーショットこのクエ、エラの辺りをホンソメワケベラにクリーニングされていて気持ちよさそうです。
R0013868クエのクリーニングほら、こんなに近づいて写真を撮っても大丈夫。よっぽど気持ちいいんでしょうね。それにしてもぶ厚いくちびるだなぁ。
DSCF7486クエのクチビルクランクから島の裏側へ。水深24mのアーチを越えていつものカエルアンコウとハナタツをチェック!
これは小さいほうのベニカエルアンコウ。残念ながらジュズエダカリナの根本にいたベニカエルは行方不明。ハナタツは泳ぎ回っていたせいで写真を撮ることは出来ませんでした。
R0013872ちびベニカエルたて穴を上がったら、ブルーコーナーへ。先にマダイが来て安全停止中でした。
DSCF7489マダイ浮上寸前、足もとに小さなカメキオトメウミウシを発見です。
DSCF7492カメキオトメ2本目エントリーすると、キビナゴの群れに囲まれました!
DSCF7495キビナゴあれ、白いオオモンカエルアンコウ君、定位置からわずかに移動!まさかこのまま、どっかにいなくなったりしないよね??
DSCF7496オオモンカエルヒメセミエビは正面から見ると「おじいちゃん顔」でかわいい!と人気でした。
DSCF7497ヒメセミエビさっきとは逆のコース取りでクランクへ。また大きなクエがクリーニングされていました。よっぽど気に入ってるんですね。
DSCF7500またクエHの穴から小空間へ。この魚影です。
DSCF7503魚影あんまりステキなので、もう一枚。
DSCF7504魚影最後は水路下の洞窟シロタエイロウミウシをチェック。セットアイテムとしてお見せしていたキャラメルウミウシは行方不明です。ざんねん。
DSCF7505シロタエイロ普段は東伊豆で潜っているというおふたり。ちょっと遠いですけど、また遊びに来て頂けると嬉しいです。
写真提供はヨシコちゃん。ありがとうございました。

【アイダイブからのお知らせ】

■ 初夏の沖縄・宮古島へ!アイダイブ的宮古島2015のお知らせ!

■ 大海原のど真ん中へ!アイダイブ的銭州2015のお知らせ!

■ 今年のアイダイブ的モルクルは2015年11月21日土曜日〜28日土曜日です!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP