最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

その一瞬を捉えた雲見【2015年2月21日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 24ブイ → ブイ
2ダイブ目:牛着岩 小牛の裏角 → ブルーコーナー
天気 晴れのち曇り
風向 北東
流れ ほとんどなし
波・うねり 浅場に小さなうねり
気温 11℃
水温 15℃〜16℃
透明度:15m〜18m
透視度:14m〜15m
今日はリピーターのご夫婦と潜ってきました。
若干浮遊物は増えたものの、まだ透明度はいい状態をキープしていました。
2ダイブ牛着岩ver.9.0昨日はアカクラゲがいっぱいふわふわと浮いていたそうですが、今日はそうでもありませんでした。
まずは水深24mのアーチのカエルアンコウたちを見に行きました。ところが、べっぴんさんのベニカエルアンコウは行方不明です。仕方なく、どちらかというと見た目がいけてないベニカエル君へ。すると、新顔でまだ4cm程度と小さなベニカエルアンコウを新たに発見しました!
DSCF3289新顔ベニカエル一応、いけてない彼も。
DSCF3292きたないベニハナタツは2匹。そのうちの1匹です。
DSCF3299ハナタツベニキヌヅツミ。ウミウサギガイの仲間です。ライトを当てないと黒っぽくて全然目を惹かないのですが、光が当たるとこの艶やかさです。
DSCF3316ベニキヌヅツミもちろん洞窟探検も欠かせません。数日前に潜った時はまばらだった魚たち。今日はどうしたの?って聞きたくなるくらいぎゅっと集まっていました。
DSCF3333魚影暗がりには大きなクエ
DSCF3328クエ追いかけると、魚の群れが前を遮ります。
DSCF7372Hからクランク魚影やばい。ここだけで充分楽しい。f ^ ^ *)っ
DSCF3335魚影一応、いつもの人たちも確認しておきましょう。あれ、キャラメルウミウシはついに移動を開始しましたね。かなり長いこといた場所から1mくらい離れた所にいました。
DSCF3343キャラメルシロタエイロウミウシは定位置にスタンばっていました。
DSCF7382シロタエイロ水路下の洞窟で、仲良くウミウシの写真を撮るおふたりです。
DSCF7384水路下2本目は小牛の裏からエントリー。
その直後にゲストが見つけたアカエラミノウミウシです。久しぶりに見ました。
DSCF3357アカエラミノ伊豆半島にはざくざくいるアオウミウシ。沖縄にはいないのが不思議なくらいです。
DSCF3369アオウミウシ小牛の洞窟の外にいる出戻りのオオモンカエルアンコウくん。
DSCF7386出戻りオオモンカエル小牛の洞窟、入口付近にいる小さなベニカエルアンコウ。大きいほうは行方不明でした。
DSCF7387ちびベニ久しぶりに洞窟の中へ。定番のヒメセミエビ君。つぶらな瞳がキュート。
DSCF3383ヒメセミエビふざけた名前ですが正式和名です。スベスベマンジュウガニ
DSCF3385スベスベマンジュウガニそして、今日のその瞬間が訪れました。何気なく撮ったコウイカ君ですが・・・。
DSCF3386コウイカ捕食よく見ると、足の間に何か捕まえている!!
DSCF3387コウイカ捕食どうやらソリハシコモンエビをとっ捕まえた瞬間だったようです。すごい、撮ろうと思ってもなかなか撮れない一瞬をものにしました。
洞窟を出たあとは、安全停止のためブルーコーナーに移動。中層にはキビナゴとイワシの群れ。
DSCF7391イワシ群れ安全停止中のアイドルはこの人です。(*^^*)
DSCF3414コケギンポいや〜、今日も中身の濃いダイビングでした。
写真の提供はユミコさん。ありがとうございました。

【アイダイブからのお知らせ】

■ 初夏の沖縄・宮古島へ!アイダイブ的宮古島2015のお知らせ!

■ 大海原のど真ん中へ!アイダイブ的銭州2015のお知らせ!

■ 今年のアイダイブ的モルクルは2015年11月21日土曜日〜28日土曜日です!

■ アイダイブのFacebookページです。ぜひ「いいね!」をお願いいたします。m(_ _)m

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP