最新の海況を、豊富な写真とともにチェック!

生き物充実してきた雲見【2014年9月20日】

ポイント名 雲見
1ダイブ目:牛着岩 ロッカク岩 → 大牛裏
2ダイブ目:牛着岩 小牛の裏角 → ブルーコーナー
3ダイブ目:黒崎
天気 曇り
風向 東より
流れ 軽い下り潮
波・うねり ほとんどなし
気温 22℃
水温 24℃〜25℃
透明度:15m〜16m
透視度:牛着岩;13m〜14m、黒崎;7〜8m
本日のお客様は昨日からの3名様に加え、朝ご到着のご夫妻、計5名様。
海は穏やかで、流れもそれ程強くはありません。終日、楽に潜る事が出来ました。
今日、1本目のダイビングは今が旬の生き物を見に行くコースです!
2ダイブ牛着岩ver.9.0まずはツユベラをチェック!
DSCF2710ツユベラそして、今日もいました!極小のカエルアンコウの仲間。サイズは、う〜ん小指の爪より小さいかも!
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこの岩にはハナタツもたくさんいます。3個体見ただけでやめておきましたが。
ただ昨日見ていないハナタツを見たので、ひょっとすると5個体いるのかも。ありがたみが薄れるので全部をいっぺんに見るのはよしときましょうか。f ^ ^ *)
そしてシロクマへ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA少し場所を移動していましたが、ちゃーんといてくれました。
これはヒブサミノウミウシ。久しぶりに見ました。
DSCF2737ヒブサミノ2本目は前半を生き物探し、後半をぷちドリフトに当てました。
実は今日から参加のご夫婦、来月沖縄でドリフトダイビングのご予定なんですって。ただやったこと無いのでちょっと不安、と。じゃ、雲見で練習しておきますか!(⌒^⌒)b

前半の生き物探しはミアミラウミウシから。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAこのウミウシの上には久しぶりに登場のウミウシカクレエビ!海冒主の真野さんから教えていただきました。ありがとうございます!
DSCF2756ウミウシカクレエビ一時行方不明になっていたオオモンカエルアンコウ幼魚も、再発見!
DSCF2768オオモンカエル幼魚さらにその近くにはハナタツや、白の濃淡模様が美しいシロタエイロウミウシの姿も!
DSCF2763シロタエイロ少し移動したあとにゲストが見つけたミチヨミノウミウシも。ウミウシもじわじわと増えてきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA程よい流れに乗ってふわ〜っとドリフト中に突然我々をかすめて泳ぎ去ったのは、ツムブリでした!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA浮上間際のグンカンでは、イセエビがぎゅっと詰まった岩の亀裂発見!漁師さんにはナイショにしておきましょう。f ^ ^ *)
DSCF2784イセエビ3本目は黒崎へ!ここでも新たな出会いが。
まずはイソギンチャクエビ。尾扇の赤い模様が特徴です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAトンネルの中は、いつもながらの魚影です。
DSCF5326黒崎のトンネルそしてトンネルを抜けると・・・。今までここで見たことのない魚の群れが!アカカマスです。
DSCF2816アカカマス群れそのアカカマスを狙うかのように、岩の上では大きなヒラメがじっと待機していました。
DSCF5330ヒラメふつか続けて潜ったゲスト達も昨日とは違う生き物との出会いに、ご満悦の様子でした。
本日の写真提供はYumikoさん、Kyokoさん。ありがとうございました!

【アイダイブからのお知らせ】

■ 来週24日水曜日、お休みいただきます。m(_ _)m

■ 今年もモルディブに夢を見に!アイダイブ的モルディブクルーズ 2014の詳細です!

■ もっと詳しい情報はアイダイブのホームページへ!

お問い合わせの場合はこちらのページにメールアドレス・電話番号などあります!

■ ダイビングのあとにリラックスしませんか? リフレクカオカオのご案内

関連記事一覧

お問い合わせ

お問い合せは:info@idive.jp
iDive:金子 裕昭
〒410-3618 静岡県賀茂郡松崎町道部145-1
TEL:0558-43-2050
FAX:0558-43-2311
Mobile:090(2923)5301

最近の記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP